産後長期間続く腰痛に悩まれていたお客様動画 前編

ことみせ記事を読む

出産、産後 眠ってしまった骨盤底筋の働き

インナーユニット(骨盤底筋群、横隔膜、多裂筋、腹横筋)

の働きのお話から入ります。

産後骨盤矯正に何回

通っても身体に変化が感じられない

(T ^ T)

そんなお客様が立続けにいらっしゃった週がありました

それぞれ、腰痛、背部痛、腱鞘炎、肩こり

痛み自体も抱えていらっしゃいましたが

痛み自体も取れない

体型の悩みで言うと

ぽっこりお腹、痩せにくい

骨盤がグラグラしている気がする、姿勢が崩れている

インナーユニットの機能を獲得すると

勝手に姿勢が良い!

ぽっこりお腹が頼んでもいないのに

無くなっている!!!

インナーユニットというのは

姿勢を保つことに凄く関係していて

妊娠、出産すると多くの確率で

骨盤底筋が傷つく

妊娠中、産後尿漏れがあった

そんな方も骨盤底筋の収縮力が弱っている場合があります

そうなるとインナーユニットの働きが

悪くなります。

姿勢が悪いと呼吸も浅くなります

勝手に姿勢が良くなるということは

動きやすくなるんですよね

意識しなくていいので

骨盤の剛性感も出て

十数回骨盤矯正に通っていたお客様は

呆然とされていました。

骨盤が時間をかけて安定しないと

ぽっこりお腹も、骨盤のグラグラしている感じも

無くなってしまった!!!!

それより、いい姿勢でいられる

呼吸が楽

姿勢が良い状態だと呼吸が楽にできるんです。

何より

ずっと痛かった痛みが無くなった、、、

動画では前半インナーユニットを働かせていない

状態だとまだ少し腰が痛いとおっしゃっている状態です

https://youtu.be/edz3pWLBShg

ことみせ記事を読む