今年最後の営業となりました。

ことみせ記事を読む

ことみせ様で ゴッドハンド!と発信していただき

なんとかこの日を迎える事が出来ました。

10月に開業して3ヶ月

色々とあった心境の変化等を綴りたいと思います。

自分の提供している施術って

オーバースペック

なのかなって

色んな意味で、、、 軽トラックを買いに来た人に
ランボルギーニ乗らせてみたり

普通の公園に遊びに行ったら
ディズニーランドだった

牛丼食べに行ってヒレ肉のロッシーニ風が出てきた

軽トラック買いに来た人に
ランボルギーニ乗らせて
「時速300㎞以上出るんですよ!凄いでしょう!最高でしょう!」
って言って
「わ~凄い買います!」ってならないし

「いやいやいやいや、荷物積めないし、農道通れないし!」
ってなるし

普通の公園に来たらディズニーランドだったら

「最高のエンターテイメントですよ!楽しいでしょっ」って言っても

「サクッと滑り台とブランコで遊んで帰りたいんですけど、、、」

ってなるし

牛丼食べに来た方

にヒレ肉のロッシーニ風出して
「最高に柔らかくて美味しいでしょう!」(食べたこと無いですけど)
って言っても
「いや、、、別に、、、牛丼が食べたいんですけど、、、」 みたいな。

初月は

予約を断るとか

教えた運動をやってれば良いよとか

そんな感じで 「二回目来ちゃいけないんですか?」 って痛烈にお叱りを受けました

二ヶ月目

修行時代

僕はめちゃくちゃ不器用で

覚え悪くて

先輩方から、色々なご指導を受けながら

馬鹿にされながら

お客様に 「あの子、下手くそだから入らせないで」

なんて言われながら

そんな日々を過ごす中

いつか、ゴッドバンドって言われる

ようになりたいって

泣きながら思っていて

もっと良い方法無いか

もっと上が無いかってやってきて

プライドなんか無くて

土下座して

頼み込んで

技術を教わったり

今って、その頃想像していた

姿に、まあまあ近づいたかなって

思っていて

でも実際になってみると

別に

一回で劇的に変化がある。

だから、なんなんだろうって

思っていて

産後の骨盤矯正何回も通って

良くならない

そういう方々に一回で変化がみられると

共通して

?

なんですよ

後から話を聞くと

なんの刺激感も無いのに

どんどん変化していく

痛みが無くなってしまう ?

なんで?

って思ったと

今まで

インターネット、本、人伝いに

産後の骨盤は開く、歪む、時間をかけてケアが必要だと

調べあげて、信じて

お金、時間を使って

痛い施術を受けて

いつか良くなるゴールに向かって

走っていたら

なんか?いつゴールなんだろう?って思って

一回いってみるかって

うちに来て

えっ?(°∇°;)痛くない、、、 今までのは、インターネット、本、人伝いに聞いていた事は、、、
今まで信じていた骨盤矯正は?
あんなに使ったお金は?時間は?

の ?

なんですよね

良くなりゃ良いでしょ!って

思うんですけど、違うんですよね

信じていたものを壊すと

人間って

ぼーっとしてしまう

「なにを信じれば良いのかわからなくなった、、、」と半泣きされている方もいました。

骨盤底筋のケアも必要だと思う方もいました。

でも、痛みが取れれば良いとおっしゃっていたので

リスクの説明はしましたが

次回来た方が良いと言いませんでした。

その場で、全部痛みが取れていたので。

三ヶ月目

悩んでいて

リハビリのように身体作りが必要な方もいて

でも人によってはその場が良くなれば良い

と思われている方もいて

骨盤底筋、インナーユニットを働かせる事の重要性

これをどう日本に浸透させるか

産後=骨盤矯正

になっているので

そこを働かせる事でのメリット

付加価値

通って根本的に身体を作りあげたい方

別に通いたくない方

いろんな考え

時間

そこに個人個人に合わせて

良いご提案が出来れば良いと

骨盤底筋、インナーユニットが何故

大事なのか?

そこのわかりやすい発信

価値の創造

提供が出来れば

と思います。

だからといって、その場でなにが、なんでも次回の予約を取ってもらって帰らせるって事はしません。

やんわり、このくらいかな~ってご提案させていただいたり

痛みが出なければ来なくても大丈夫かな

等ご提案出来たらと思います。

本日で本年度営業終了となります。

皆様のお力でなんとか年を越せそうです。

ありがとうございました。

来年も、やっぱり、もっと良い方法無いか?もっと上が無いか?
模索し続ける日々が続くと思います。

日々アップグレードして高みを目指したいと思います。

フェイスブックページhttps://www.facebook.com/sanzensangosusumu/

 

ことみせ記事を読む