機能していない身体で生活をするという事は生ける屍。

ことみせ記事を読む

機能していない身体で生活をするという事は生ける屍

そう思っています。

いきなり何をいっているのか?と思われるかもですが

私の20代は腰痛、股関節痛との戦いでした

当時利き手の怪我をして整形外科に行ってもずっと治らないで

お医者さんに「もう来なくていいよ」と見放され

指が曲がらない状態で絶望していた時に

たまたま行った接骨院で指が良くなり

柔道整復師への道を進み始めたのですが

もともと、腰のヘルニアがあり

朝から晩まで立ち仕事、中腰での作業での修行時代、悪化していって

立っているのもやっとの状態になり

腰痛ベルトをしたり、晒しを巻いたり

先輩に揉んでもらったり、電気をかけたりしていたんだけど

全然良くならない

立って仕事してても辛い、、、

座っても痛い

なので家に帰るとすぐに横になってしまう、、、

何が辛いって

疲れやすい

気持ちも落ち込む

当時学生だったので

勉強をしなきゃいけなかったのに

やらなきゃ、やらなきゃ

とにかくやらなきゃ

でも出来ない

辛い、辛い、辛い

活動性が下がるから

体力も落ちてくる

まだ妻と出会う前の話なので書きますが

当時好きだった子が

「腹筋割れたら付き合ってあげる」

と言ったので、腹筋をやるのですが

腰が痛い、、、

結局腹筋が割れなくて付き合えなかった

苦い思い出が(笑)

辛い、辛い

良くなりたいって

思って

マッサージ、電気、牽引、カイロ、整体

色々受けていたけど

全く良くならない、、、

途中で諦めて

資格を取ってからは

整形外科のリハビリで働き始めて

そこで、数年ぶりにレントゲンを撮ってもらったら

「腰椎の一番下が完全につぶれているから良くならないね」

「ん〜股関節はカムタイプだから深く曲げない方が良いよ、、、

治んないね」

と言われ

ショックでした、、、

でもショックだったのと

あ〜だから治らないのかって

原因がはっきりして

治るわけ無いよな

整形外科に勤めていたので

整形外科的には、変形をしていたら元に戻らないから

痛みは取れないって

いうのは勉強していたし

患者さんにも、そう説明していたし

それからも

職場の、電気、牽引でごまかしながら

生活をしていました

で、2人目の子供が産まれた後

本格的に産前産後整体を学んで

その後、ゴッドハンドと言われている先生方の所に勉強に

いって

実際に施術を受けていたら

「あれ?痛く無くなってきた???????」

となり。

今ではセルフケアで全然保てるようになって

10年以上痛みと戦って

諦めて

でも、しんどくて

良くなって嬉しかったのですが

あーーーー早く知っていれば、、、

二十代もうちょっと楽しめたのになあ

なんて思ったりして。

諦めると

勿体無いんですよ

辛いと、痛い、疲れる、イライラする

何もやる気しない、すぐ横になってしまう

ダイエットしようと運動しても

すぐ身体が痛くてやめてしまったり。

良く来るお問い合わせで

産後何年も経っているんですけど大丈夫ですか?

って聞かれるんですが。

全然問題ないです。

産後数十年の方も来てるし

全然ただ痛みがあるだけの方も来ているし

そもそも、男性も施術技術を求めてきていただいているし。

私が伝えたい事は

諦めないでいただきたいです。

不調を抱えたまま生活している状態

私は生きる屍でした

諦めないで下さい。

ことみせ記事を読む