産後骨盤矯正のお話。

ことみせ記事を読む

産後の骨盤矯正について、良く聞かれます。

産後の骨盤矯正に何回通っても良くならなかったというお客様も

沢山いらっしゃいます。

あくまで

あくまで

自分の経験を元にお話をしていきたいと思います。

そもそも

僕が産後の骨盤矯正、産後整体に出会ったのは

妻の二人目の出産後に藁をもすがる思いで学びに行った

経緯がありました。

それまでは、柔道整復師として整形外科などで働いていて

その頃、なんとなく、産後の骨盤矯正というものがある

って事は知っていて。

産後は骨盤が開くっていうのも

へーそうなんだ、、、

って位の知識でした。

ここまで書いていて、お気づきかもしれませんが

柔道整復師という国家資格を持っていますが

産後の骨盤というものはカリキュラムの中で一ミリも出て来ないんです

解剖学、生理学、骨折の固定の仕方とか

細かく書くともっとありますけど

産後の事など全く勉強しないんです。

なので、へーそうなんだ、、、

と思っているレベルでした。

産後整体を学びに行って

産後の骨盤矯正みたいな話も出てきて

産後の骨盤矯正ってメニューを掲げているホームページを見ていくと書いてある事と一緒で。

出産の時にホルモンの影響で(リラキシン)骨盤、骨盤周りの靭帯が緩みます。

緩むことで骨盤が広がり、さらに赤ちゃんが産道を通るためにさらに広がりそこで骨盤が歪みます。

骨盤だけではなく筋肉などが傷つきます。

骨盤は徐々に固まっていきます。

固まっていく時に歪んだままだと、体型、ポッコリお腹、尿もれ等がおこります。

なので、まずは筋肉をほぐして、ストレッチなどをして十分に筋肉が緩んだら骨盤をソフトに矯正していきます。

こんな感じでした。

まず最初の

出産の時にホルモンの影響で(リラキシン)骨盤、骨盤周りの靭帯が緩みます。

と知った時に

リラキシン?何それー!!

そんなホルモンあったっけ?って思ったのと(家に帰って生理学の教科書を見たら小さく載っていまいした)

リラキシン?そのホルモンの作用だったんだーー!

すげーーーーーー

知らなかった事を知れたーーーー!

やったーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラキシンだったんだー

やったーーーーーーーーーーーーーーーーー

暇なわけではありません。予約の間の一瞬で撮りました。

って思ったんですよね。

産後の骨盤はリラキシンで緩む。

という図式が自分の中で出来上がりました。

なのでその後の

緩むことで骨盤が広がり、さらに赤ちゃんが産道を通るためにさらに広がりそこで骨盤が歪みます。

骨盤だけではなく筋肉などが傷つきます。

骨盤は徐々に固まっていきます。

固まっていく時に歪んだままだと、体型、ポッコリお腹、尿もれ等がおこります。

という事も腑に落ちました。

そして

なので、まずは筋肉をほぐして、ストレッチなどをして十分に筋肉が緩んだら骨盤をソフトに矯正していきます。

という所の

ソフトな骨盤矯正

を習いました。

わーい、わーい

と思いながら家に帰って

妻にやって

「良いような気がする、、、」

と微妙な感じで言われても

わーい、わーい

とやっぱり凄かったんだー

と思いながらその日は眠りにつきました。

その日から数日経って

その技術を、自分の行っていたワークショップで

お悩みの方にやったり、頼まれてやったりして行った時に

、、、

なんか、、、イマイチ、、、

って思って。

痛みが取れなかったり

そもそも

骨盤が開いているのを感じていないんだけどって方がほとんど

骨盤が開いているのが問題かな?って感じている方も

やっていってなんか

イマイチ

イマイチだったんですね

勉強しに行ったんですね

産後整体で有名な先生の所に

産後は骨盤開いているからって

なんか骨盤自体をぎゅーぎゅー押したり

していて。

でも、そのほかにも全身の関節のアライメントを修正する事を

やっていたり。

その時に思ったのが

産後は骨盤だけでは無いのでは?

おまけで骨盤を矯正している風にしているけど、、、

そこから

ちょっと疑わしいなって思い始めて

そもそも、グラグラしていて柔らかい時に

固まる前に歪みを取って開いているのを

閉じていくって、、、

そもそも

柔らかくてグラグラした状態のうちに矯正をする事で

固まる前に歪まないようにするのであれば

矯正して、立って、歩いて、生活していろんな動作をしたら

また戻るのでは?

戻るから、またやっていくという理屈だけど

固まるその日にちゃんと歪みを取っておかないと

意味がないのでは無いか?

そもそもグラグラしていて

開いたのを戻したり、歪んだのを戻したのであれば

その理屈であれば

そこで安定させる何か

ギブスなどをしないといけないのでは無いか?

って思ってしまったんですね。

だって、骨折したり、脱臼したりした場合

整復と行って元に戻して

固定をするので。

なんか、産後の骨盤矯正って怪しいなあ、、、

って思って

そもそも、

ぎゅーぎゅーして戻るのかな、、、?とか

そこから研究されている先生の文献を読んだり

勉強会に行ったり

そもそも、体を変化させるための方法を学びに行ったりしたのですが

その過程を経て思った事は。

最初、骨盤矯正を学びに行って

出産の時にホルモンの影響で(リラキシン)骨盤、骨盤周りの靭帯が緩みます。

という話を聞いて

リラキシン?何それー!!

そんなホルモンあったっけ?って思ったのと(家に帰って生理学の教科書を見たら小さく載っていまいした)

リラキシン?そのホルモンの作用だったんだーー!

すげーーーーーー

知らなかった事を知れたーーーー!

やったーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラキシンだったんだー

やったーーーーーーーーーーーーーーーーー

何度も書きますが、暇なわけではありません。予約の間の一瞬で撮りました。先週もご予約MAXでした。

ってなってましたけど。

それって結局

柔道整復師のカリキュラムにも組み込まれていない

柔道整復師として整形外科で働いていて

産後のケアって未知の領域に踏み入れて

誰も周りでやっていませんし

なので。

言われるがまま受け入れてしまった。

言われるがまま受け入れてしまったんですよ。

高いお金払って学びに行っていたので

信じなければいけない。

という心理も無意識の中に働いていたかもしれません。

ようは、高級料亭で、神戸ビーフですって言われて出されたら

偽物でも

えーーーーーーーーー

これが神戸ビーフなんですねーーーー

って

「わーすごいーーおいしーーーこれがそうなんだーーーー」

って絶対疑いなく食べてしまうじゃないですか。

偽物であっても

絶対美味い、美味い

って

自分では結構うまく描けたと思います。

美味しんぼでいうと、この方ですよ

副部長です。

「美味い、美味いよーーー」

と何の疑いもなく食べて

栗田さんが

「そうかしら?」って

心の中で呟くっていうあのシーンです。

あのシーンを見ていて

また、副部長は味のわからない人だなー

アホやなー。何なんだろうあのネズミみたいな出っ歯は。

とか思ってました。

思っていたのに

自分も副部長だったんですよ

凄い歯だなー

途中から、栗田さんになりましたが。

なので、産後の骨盤矯正に通って良くならないって方がたくさんいらっしゃるのですが

結局何なのか?

あくまで私の経験なのですが。

全く学んだ事の無い領域を学びに行って

疑う事なく

そのまま教えられたまま

真面目にやっている。

なので、本当の問題を解決する事が出来ない。

別に産後の骨盤矯正をディスっている訳では無いのですが

自分が骨盤矯正を学んで

その後産後の研究されている事を学んでいった時に

真面目に産後の骨盤矯正だけやっていたら

問題を解決できなかったからです。

長くなってしまったので

リラキシンの話とかその辺の話は

又書いていきたいと思います。

今週もよろしくお願いいたします。

産前産後susumu整体院

営業時間 9:30~17:30 最終受付16:00

営業日  月曜日~金曜日

休業日  土曜日、日曜日、祝日

https://sanzensangosusumu.com/

ことみせ記事を読む