ここで本を探すと「脳」が旅をはじめる

思わず立ち止まってしまう秘密

「古本屋」というと、筆者の勝手なイメージは、薄暗くて雑多。しかし、ここ清澄白河にある「しまぶっく」にそんな雰囲気はまったくありませんでした。

 

 

青いテントにオープンなガラス張り、白い窓枠にウッディーな本箱、そして何よりきれいな本。

 

 

入ってみて、はじめて「あ、ここ古本屋なのね」と気づく人も多いんじゃないかしら。

 

「うちは専門店ではないので、いろんな本がありますよ。場所柄、時代小説も人気です」と店主の渡辺さん。

 

▲「千住」「八丁堀」「人形町」「大江戸」の文字が並ぶ。

 

店頭の一角には時代小説コーナーがあり、そこには東京の地名が入った時代小説が並んでいました。

 

江戸の小説を江戸で選んで江戸で読む。思わず「粋だな~」とにんまりしてしまいます。

 

 

 

「脳」がクリエイティブな動きをはじめる

店に入ってすぐ左。レジ横の秘密基地のようなコーナーに入ると、そのラインナップに驚きます。

 

 

例えば、この「英和辞典」。キッズ向けの英和辞典はなかなか種類がなく、本屋で探しても見つからないことも。

 

▲数冊「絵×英和辞典」の本が。しかも、かわいい!

 

子供用の本だけでなく、大人がワクワクするライフスタイル系の本も並びます。

 

▲買ってそのまま「カフェ」に向いたくなる!

 

タイトルを読んでいるだけで「脳」の動きが活性化。グルングルンと違う方向に動いているような開放感を感じます。

 

まるで美術館にいるような、あの「脳がクリエイティブな旅」をしている感じ!!

 

 

「今は休館中ですが、現代美術館の帰りに寄ってくれる人も多いんです」と、渡辺さん。美術館の帰りに「しまぶっく」。この組み合わせ最高です。

 

 

家族にも「脳の旅」をおすそわけ

 

脳がグルングルンといつもと違う動きをして気持ちがいい「しまぶっく」で、我が子にも、おなじく「脳の旅」をプレゼントしたくなりました。

 

選んだのはこの本。

 

 

自由研究の提案が、これでもかという筆量で描かれ紹介された「これぞ、自由研究の図鑑!」と圧巻の本です。自由研究の本はいくつか本屋さんで探しましたが、これは見たことなかったなぁ。

 

 

20年前に出版された本ですが、その内容は今の子どもにとっても新しく発見があるようで、夢中で読み進め「脳の旅」へ──。

 

 

何でもあるようで、実はすごくセレクトされているに違いない「しまぶっく」の古本で、あなたも「脳の旅」を体験してみませんか?

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/