ビルの谷間のキッチンカー焼き鳥屋が熱い!

 

こんなところにキッチンカーの焼き鳥屋さんが?!
と、まずびっくり。

 

木場駅から徒歩約3分、

三ツ目通りに面したオフィスビルの合間に突如として現れる

 

キッチンカー+テント小屋の焼き鳥屋さん、ふじ泰

 

高層ビル群のなか、ここだけ居心地のよさそうなゆるゆるとした時間が流れてます。

 

img_6739

 

銀座の名店で修行した先代が、江東区界隈で移動焼き鳥屋を始めたのが12年前。

6年前にこの地に腰を据え、常設店舗としてスタートしました。
冬はストーブで暖か、夏はビアガーデン仕様に♪

 

img_6627

 

仕事帰りのサラリーマンのほか、ご近所のおじいちゃんおばあちゃん、主婦の方のテイクアウトにと、幅広い層の常連さんたちに愛される、知る人ぞ知る人気店となっています。

 

現在店を切り盛りするのは二代目の大島将裕さん。
鉄板焼に和食、ラーメン店で腕を磨いてきた熟練料理人!

img_6630

 

先代の味と技を踏襲しつつ、裏メニューでは大島さんの自慢の逸品も登場し、
これまた人気らしい(裏メニューはその日お店にいってからのお楽しみ♪)。

 

ライブ感溢れるテント小屋

 

こちらの魅力のひとつはライブ感。
こじんまりとしたテント小屋なので、焼いてる様子をひょいっとのぞき見できちゃいます。

 

img_6670

 

炭は備長炭。

火の持ちが長く、遠赤外線効果で外はこんがり、なかはふっくらジューシーに。

img_6619

 

毎日築地から新鮮な鶏を仕入れ、余分な脂身や血合いを丁寧に取り除いて串打ちします。「この下処理が味の違いを生むんですよね」。

img_6684

 

白レバーやひざなん(膝軟骨)など、ちょっと珍しい部位も。

img_6735

 

じっくりと、火の通りを均一にするため位置を変えながら、

絶妙な火入れ加減で焼き上げる、さすがプロの技。

 

「しぶい顔をしてるのは煙のせいなんです~」と大島さん。
とっても気さくでフレンドリーな方です♡

img_6680

 

塩とタレ、お好みで選べますが、

塩のリクエストが多いのは臭みが全くない新鮮な厳選鶏なればこそ。

 

一方、継ぎ足し熟成の秘伝のタレ(↓)も、これまた美味。ぜひ両方お試しを。

img_6692

 

いざ、焼き立てをいただきます!

img_6717

 

ん~、うまいっ!
ビールがすすみ、さらに焼き鳥がすすむ!

とまらない~~。

 

銀座じゃ800円はするであろう白レバーも150円と良心価格♪
通常のレバーとは一線を画するリッチでクリーミーな舌触り、

これはレバーが苦手な人にも食べてほしいなぁ。

img_6733

 

から揚げやベーコンなどサイドメニューも充実してます。

img_6618

img_6736

 

キッチンカー+テント小屋の肩ひじ張らないゆる~い空間と、
匠の技で焼き上げるこだわりの味。

 

いい!こんなお店、近所にあったら毎週通っちゃう。

だって、こんなに本格的な味で1本150円~200円なんだもの。

思い立ったらふらりと行けちゃうもの。

 

なーんて思ってたら「18時におまかせ6本よろしくね~」

と店の外からご近所さんのオーダーの声が。

 

ことみせスタッフも、本日の夕食用にテイクアウトさせていただきました!

 

 

※本文中の情報は2016年12月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/