和菓子LOVE!

江東区の和菓子店に名物あり

どら焼き、羊羹、お饅頭、季節ごとに変わる生菓子など・・・

濃いめのお茶とともに、一口づつゆっくり味わっていると、なんだかほっとする。

 

和菓子って、上品でありながら高価でないから、来客時のお茶請けに、小腹がすいたときのおやつに、ご進物用にと、用途の広い「和スィーツ」。

だから、気軽に立ち寄れる街の和菓子屋さんってありがたい存在。

ことみせ登録店の中から、職人さんが作る和菓子のお店をご紹介します。

 

---------------

軍配をかたどった「庄之助最中」は深川みやげに最適!

和菓子司 萬祝処 庄之助(白河3)

清澄白河駅B2出口から徒歩5分

 

立行司、木村庄之助が初代。軍配が象られた、「庄之助最中」(180円)は、大相撲の聖地・国技館の桟敷席でもお茶菓子として振る舞われている由緒正しき品。北海道産の大納言小豆を使い、丁寧に仕込んだ甘すぎない餡が深川っ子の心をつかむ。

 

e9fc6ffc65ef38ca3d80b45b9200ccde

 

---------------

変わらぬ味を守りながら、新しい挑戦も忘れない職人親子

和菓子司 双葉(白河2)

清澄白河駅B2出口から徒歩2分

 

創業65年。職人親子が作る和菓子は、昔ながらの味を守る伝統的なものだけでなく、新作も続々。2年の歳月をかけ完成したという「果実入り羊羹」は、抹茶小倉・富有柿・青梅・無花果(イチジク)と4種の味が楽しめる。店内で試食も。

 

DSCF0144-300x225

 

---------------

手間暇かけて丁寧に・・・。食通が太鼓判を押す味。売り切れ御免!

彦九郎(新大橋1)

森下駅A2出口から徒歩3分

 

わらびもち・虎の皮の模様のような皮が特徴の「とら焼き」・断面が5色の五色饅頭など絶品甘味はやみつきになる味。昔ながらの道具を使い、職人が手作業で作り上げるため大量生産ができず、売り切れてしまうことも。

 

IMG_8333-500x442

 

---------------

知る人ぞ知る名物あり!赤飯やいなり寿司も美味♡

森下伊勢屋(森下2)

森下駅A6出口から徒歩1分

 

「深川あさり餅」やのらくろの焼き印が入った「のらくろ焼」は、時折登場する隠れた名物。先代のころから継ぎ足しのタレで作っているいなり寿司や、お赤飯などにも和菓子職人の技が光る。イートインスペースもあって、ちょっと一息という楽しみかたも。

 

1f1e9c798d98170873ba4dee446efdef

 

---------------

時代小説にも出て来る創業100年以上の老舗!

御菓子司 岡満津(門前仲町1)

門前仲町駅3出口から徒歩1分

 

山本一力の時代小説にも出て来る、江戸情緒たっぷりの老舗。3代目店主、齋藤幸雄さんは、「全国菓子大博覧会」で賞を取ったこともある腕前。8つの深川の風景が刻印された、「辰巳八景最中」(170円/1個)なら、ご進物に喜ばれること間違いなし。

 

IMG_2446-600x400

 

---------------

庶民のおやつ「どら焼き」が、こんなに美味しいなんて!

菓子工房 福どら(住吉2)

住吉駅A1出口から徒歩2分

 

生クリームを使ったものなど冷蔵品が9種類、常温品4種類とバラエティ豊かな「どら焼き」はすべて店奥の工房で作られている。北海道産生クリームとつぶあんの「生どら」のふわとろクリーミーな食感にリピーター続出。配達もしてくれる、お年寄りに優しい地域密着店。

 

DSCF5361-600x386

 

---------------

スナギンの名物店。初代の味を引き継いで・・・

梅むら(北砂3)

北砂二丁目バス停から徒歩1分

 

おにぎりやお赤飯、季節の和菓子すべてが初代のレシピそのまんま。毎朝おばあちゃんが手作りするいなり寿司や、みたらしだんご、どれも「変わらない味」と地域で親しまれている。同じく初代が考案した「塩うどん」も絶品。一度は食べてみたいスナギンの名物。

 

f14a6df5f63bd6234f0ebc108fc83358-1

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/