ハーブボールとホットストーン、チネイザンで爆睡するほどの癒し時間を

森下のリラクゼーションサロン

 

清澄通りから少し入った、森下の住宅街一角にあるプライベートサロン「ナチュラルハウスSPA」をご紹介します。

セラピストの松本さんが2015年11月にオープンしました。

 

DSCF5827 (600x400)

 

ハーブの香り漂う室内は、いるだけで心地良く。

おもてなしに入れてくれるハーブティーも、施術で使うハーブやオイル全て、オーガニックのものを使っているそうです。

 

DSCF5831 (600x394)

 

 

DSCF5850 (600x400)

 

 

いくつもの施術をタイで学び、日本国内でも学んだという松本さん。

ハーブボールホットストーンを使った、カラダを温める施術と、日本ではまだ珍しい「チネイザン」という腸セラピーで、カラダをメンテナンス。女性特有のつらい症状の他、便秘、睡眠障害やめまいの症状などを改善するそうです。

全ての施術でリンパの老廃物をデトックス、血流も良くなり、重だるかったカラダが軽くなったような感覚になるとのこと。

 

さて、どんな施術なのでしょうか。施術の一部を見せてもらいました。

 

この日のお客様は、30代の主婦、Aさん。以前ここで施術してもらった時は、いびきをかいてぐっすり寝てしまったとのこと。

「こういう場所で眠ってしまうことは今までなかったけれど、リラックスできたんですね・・・こんなこと初めてでした」 と笑って話すAさん(写真左)。

 

DSCF5865 (600x388)

 

通常は、まずカウンセリングを行うそうです。

カーテンを閉じ、完全なプライベート空間に。

 

DSCF5874 (600x400)

 

リラクゼーションの真っ只中へと誘う施術いろいろ

インド式ヘッドマッサージを取り入れた、全身マッサージでカラダにアプローチ。

 

DSCF5888 (600x400)

 

 

DSCF5886 (600x400)

 

これだけでも眠ってしまいそう・・・

 

 

ハーブボール

 

これが、蒸した状態で用意されたハーブボールです。

 

DSCF5892 (600x400)

 

布に包まれたたっぷりのハーブは7種類。特に黄色くなっているのは、抗ヒスタミン効果があって肝臓にも良いウコンから出る色なんだとか。

殺菌し、蒸しておいたハーブボールをタオルで包み、場所を変えながらあててカラダを温めていきます。呼吸法を取り入れながら、より効果的な施術をしているそうです。

 

DSCF5904 (600x400)

 

ハーブのいい香りがして、心身共に癒されそう・・・

 

 

ホットストーン

 

使うのは、玄武岩。バリ島の海の底にあったというものだそうです。

 

DSCF5943 (600x400)

 

この玄武岩を温めてカラダにあてたり、置いたりして使います。

 

DSCF5959 (600x401)

 

遠赤外線効果でぽかぽかの温かさが持続するとのこと。

背中にいくつか置いたまま、足先のマッサージ。足が冷えるというAさんの血流を良くしています。

 

DSCF5965 (600x400)

 

Aさん、気もち良さそう・・・

 

 

チネイザンって?

 

いくつものサロンに取材やプライベートで行ったことのある、ことみせスタッフですが、初めて聞きました。

チネイザンってなんでしょうか?

松本さん「日本ではまだ数少ない、資格を持った技術者による安全で安心な内臓セラピーなんですよ。

小腸と脳は神経がダイレクトにつながっているんです。

小腸をマッサージすることで、便秘や生理痛などの不調を改善するだけでなく、脳がリラックスするのでストレス解消になります」

松本さんは、このチネイザンをタイで学び、技術者としての資格を取得したそうです。

 

 

DSCF5984 (600x400)

 

 

DSCF5971 (600x400)

 

チネイザンの後、マッサージは続きます。デコルテもじっくりと。

 

DSCF5993 (600x400)

 

「ここでメンテナンスをして、病気になりにくいカラダになってほしい」と松本さん。

至れり尽くせりの施術が口コミで広がっているとのこと。

大人の女性のプライベートサロンで、とことん癒されてみましょうか。

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/