これを食べずしてグルメと言うなかれ

古典フレンチの技で仕上げた牛タンのビール煮込み

ここは古典フレンチの基本を忠実に継承するシェフ・嶋田修さんの店、フレンチ料理プールトァ

 

 

店内はカジュアルな雰囲気。普段着で気軽に楽しめるお店です。

 

 

この店で肉料理と言えば、和牛のロースステーキやイベリコ豚を使った料理などいろいろありますが、中でもシェフの一押しが、牛タンのビール煮込み。

 

「日本人のノウハウを取り入れて調合したエサで育てた、臭みのないオーストラリア産牛タンを使っています」と嶋田シェフ。

 

 

家で作るのは無理と思いながらも、その作り方を教えてもらいました。

①牛タンを酵母の効いたビールにひたひたになるまで丸一日漬け込む

②鍋に火にかけ、アクを取りながら煮込む

③煮詰まったら、数日かけて作って自家製コンソメとフォンドボーを加えてオーブンで2日間煮込む

④火を止めた後、余熱で1日置く

 

牛タンがここまでになるのに、4日間!(自分には無理・・)

いかがですか!これが、4日の時を経て、うま味が凝縮した牛タンの塊です!

 

 

この後、甘味が出るまで炒めたタマネギに白ワインを加えた鍋で煮込んで完成です。

 

▲牛タンのビール煮込み

 

5,000円のコース料理で、メインとして選ぶこともできますが、単品でのオーダーもできるそうです。

 

やはりコース料理のメインで人気の、牛ホホ肉の赤ワイン煮も一緒にワンプレートに乗って1,800円。

 

▲牛ホホ肉の赤ワイン煮

 

なんとも贅沢なのにリーズナブルなアラカルトです。

 

 

家族や友人を誘って、基本に忠実なフレンチ料理を堪能してみてはいかがでしょう。食の経験値がぐーんと上昇すること間違いなしですよ♪

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/