洋食屋さんのおいしすぎるオムレツ

下町の洋食屋さん

 

砂町銀座商店街から脇道を入った場所にある、昔ながらの洋食屋さん「レストラン菜や」さん。入り口横にある手描きのメニューが、いい味だしてます。

 

 

ランチタイム、ほぼ満席の店内で料理の腕を振るうのは、都内の一流店でシェフを務めていたというシェフ・亀井正雄さん。

 

 

現在は自宅を改装したこの場所で妻の淑子さんと二人三脚。こだわりの食材を使った洋食を下町価格で提供し、地元で「おいしいレストラン」として根強いファンのいるお店です。

 

 

前回はハンバーグにしたけれど、今日はどれにしようかな・・

 

オーダーして、オープンキッチンに面したカウンター席に座って眺めていると、おふたりとも、まずよく動きます!働きます!あ・うんの呼吸とも言える連携の良さは、長年ともに暮らす夫婦ならでは。

 

 

カウンター越しに、プロの料理の極意を盗み見よう・・なんて不埒な考えも、シェフの素早い動きには降参。でもね、「この味付けなんですか?」なんて尋ねると、惜しげもなく教えてくれるんです。

 

 

手際よく働く姿を眺めていたら、料理が登場!

 

三種のキノコ入り和風オムレツ

 

 

ランチセットなので、グリーンサラダ・スープ・ライス又はパン・食後のデザートがついて1,180円。こちらの自家製パンは、買って帰りたいという人に1個200円で販売もしてくれるそうですよ。

 

 

菜やさんでは、どんな料理もお箸でいただきます。

 

 

ぱくっ!むむむっ・・!!!うまっ!

 

この美味しさの秘訣は、絶妙の味加減に仕上げたキノコの味付けにあり?

ということで、シェフに尋ねたら、「キノコの味付けはみりんとお酒だけですよ」というから驚きです!

 

つけ合わせのニンジンも、ただ煮ただけでお砂糖は使っていないとのこと。

「それじゃ、この甘さは・・?」

「ニンジンの甘さのみです」とシェフ。

 

そして、「紅はるか」を使ったサツマイモのスープも、味付けは塩のみ。

 

さぞかし高級なお野菜を使っているのかと思いきや、目利きの淑子さんが信頼するお店で仕入れはしているものの、決してお高くはないんだとか。

 

 

素材の良さを生かし、余計なものをいれないのが〝菜や風”。その絶妙な〝あんばい”こそがプロの技なのでしょう。

 

 

自家製「ハチミツ入りカラメルアイスクリーム」を食後にいただき大満足!

 

 

今度は、生姜焼きを食べに来ます♪

 

 

 

 

本文中の情報は2017年7月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

箸で食す洋食店のスペシャルメニュー

砂町銀座近くの洋食店

 

旨い昼メシを求める、妻も子もあるアラフォー男子(サラリーマン)、旨い洋食屋があると聞き、今日は砂町銀座商店街近くの店へ足を運んだ。

 

少しわかりずらい場所だが、たどり着いた!

 

 

DSCF7482 (600x396)

 

「砂町の洋食屋さん」とある、少々古い看板を見れば、この目立たない場所で長年続いてきた店だということがわかる。

 

清潔感ある、この雰囲気からして味にも期待できる・・・

 

DSCF7578 (600x397)

 

どうやら夫婦で切り盛りしているらしい。

 

DSCF7495 (600x400)

 

俺の両親くらいの年齢じゃないか。

この年代に弱いんだ・・つまりそれだけで、ひいき目で見てしまう。

 

いや、ここは冷静に・・・

 

さて、何を注文しようか。

 

 

 

開店20周年ランチ特別メニュー、常陸牛A5ランク きざみハンバーグ!

 

 

DSCF7493 (600x400)

 

 

肉の焼ける香り・・・食欲をそそられる。

 

DSCF7488 (600x400)

 

「いい匂いでしょ。肉がいいし、この塩を使っているから美味しいですよ」

シェフの妻、淑子さんが見せてくれた。

 

DSCF7489 (600x400)

 

ステーキに合うという藻塩だ。

素材にこだわるのが一流の料理人だと思うが、この店のシェフもそうだ。

よし!自分もこのハンバーグに決めた。

 

聞けば、店主の亀井正雄さんは、白金の迎賓館を皮切りに修業を重ね、有名店のシェフにまでなったという、この道50年の調理人。

自宅を改装し独立してから今年でちょうど20年。

それを記念しての特別料理か・・・楽しみだ。

 

 

鉄板で両面を焼き、焦げ目をつけた後、グリルの中でふっくらと焼きあげたハンバーグ、さぁ食うぞ!

 

DSCF7516 (600x400)

 

「ミンチではなく、包丁を使ってきざんだ肉の食感を楽しんでくださいね」と淑子さん。

 

「あれ?ナイフとかフォークは・・?」

 

「うちの料理は箸で大丈夫。お肉がやわらかいので、すっと切っていただけますよ」

 

「おお、箸でいいんだ!」

 

DSCF7518 (600x400)

 

「本当だ!すっといきますね」

 

 

 

「お好みでハンバーグにつけて召し上がってください」とのこと。

マスタードとリンゴ・バナナを使ったフルーツポン酢も自家製なんだとか。

 

DSCF7542 (600x331)

 

マスタード、次にポン酢、そして両方と、その味の違いを堪能した。

 

DSCF7550 (600x400)

 

 

ひいき目なしで、想像以上に旨い!!!

 

 

この日のつけ合わせは、ジャガイモのパンケーキ・キャベツのオムレツ・自家製ノンオイルドレッシングを使ったサラダ・4種のキノコのスープ・自家製パン。

 

DSCF7511 (600x400)

 

『ニンジンのクミン風味』と名付けた料理は、ニンジン本来の甘さを感じるが、きざみショウガも加わり、どことなく中華風。

「いいと思えば、洋食だけにこだわらない」というシェフの懐の広さを感じる。

 

 

DSCF7568 (600x400)

 

スープだって、箸を使うのだ!(このスープも旨かった!!!)

 

 

毎朝焼くという国産の天然酵母を使ったパンは、クセがなく、料理を引き立てる名脇役とも言える。

 

DSCF7569 (600x508)

 

デザートはハチミツで甘さを加えたという、自家製カラメルアイス。聞けば、これも手間暇がかかっている。

 

DSCF7577 (600x400)

 

 

 

親父とおふくろのような雰囲気かもす2人と話しながら食事を楽しんで、気づけば1時間。

 

DSCF7586 (600x391)

 

途中、娘の美穂さんと孫の弘太くんがやって来て、さらにアットホーム度急上昇!!!

 

DSCF7590 (600x395)

 

いいご家族じゃありませんか

(しみじみ・・)

 

 

箸で食べられる洋食屋さん、また来ます!!!

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/