洋食屋さんのおいしすぎるオムレツ

下町の洋食屋さん

 

砂町銀座商店街から脇道を入った場所にある、昔ながらの洋食屋さん「レストラン菜や」さん。入り口横にある手描きのメニューが、いい味だしてます。

 

 

ランチタイム、ほぼ満席の店内で料理の腕を振るうのは、都内の一流店でシェフを務めていたというシェフ・亀井正雄さん。

 

 

現在は自宅を改装したこの場所で妻の淑子さんと二人三脚。こだわりの食材を使った洋食を下町価格で提供し、地元で「おいしいレストラン」として根強いファンのいるお店です。

 

 

前回はハンバーグにしたけれど、今日はどれにしようかな・・

 

オーダーして、オープンキッチンに面したカウンター席に座って眺めていると、おふたりとも、まずよく動きます!働きます!あ・うんの呼吸とも言える連携の良さは、長年ともに暮らす夫婦ならでは。

 

 

カウンター越しに、プロの料理の極意を盗み見よう・・なんて不埒な考えも、シェフの素早い動きには降参。でもね、「この味付けなんですか?」なんて尋ねると、惜しげもなく教えてくれるんです。

 

 

手際よく働く姿を眺めていたら、料理が登場!

 

三種のキノコ入り和風オムレツ

 

 

ランチセットなので、グリーンサラダ・スープ・ライス又はパン・食後のデザートがついて1,180円。こちらの自家製パンは、買って帰りたいという人に1個200円で販売もしてくれるそうですよ。

 

 

菜やさんでは、どんな料理もお箸でいただきます。

 

 

ぱくっ!むむむっ・・!!!うまっ!

 

この美味しさの秘訣は、絶妙の味加減に仕上げたキノコの味付けにあり?

ということで、シェフに尋ねたら、「キノコの味付けはみりんとお酒だけですよ」というから驚きです!

 

つけ合わせのニンジンも、ただ煮ただけでお砂糖は使っていないとのこと。

「それじゃ、この甘さは・・?」

「ニンジンの甘さのみです」とシェフ。

 

そして、「紅はるか」を使ったサツマイモのスープも、味付けは塩のみ。

 

さぞかし高級なお野菜を使っているのかと思いきや、目利きの淑子さんが信頼するお店で仕入れはしているものの、決してお高くはないんだとか。

 

 

素材の良さを生かし、余計なものをいれないのが〝菜や風”。その絶妙な〝あんばい”こそがプロの技なのでしょう。

 

 

自家製「ハチミツ入りカラメルアイスクリーム」を食後にいただき大満足!

 

 

今度は、生姜焼きを食べに来ます♪

 

 

 

 

本文中の情報は2017年7月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/