おうちでおいしい焼きたてぎょうざを!

こだわりの手作りぎょうざの店

 

江東区大島の商店街、通称「サンロード中の橋」に2016年7月オープンした持ち帰り専門の手作りぎょうざの店、一福 大島店へ行ってきました!

 

 

肉も野菜も国産にこだわり、餡と皮のバランス、キャベツの刻み方にもとことんこだわって作るという、ぎょうざの専門店です。

 

奥の厨房で毎日早朝からぎょうざを作るのは、オーナーの松井芳美さんと、公私ともにパートナーの、夫・泰隆さん。

 

 

おふたりが作っているのは、2種類の厚さの皮を使った、4種類のぎょうざ。

 

 

詳しくはこちらをどうぞ!!

メニュー&価格表

 

「どれにしようか迷うお客様には、お好みをお聞きしてからおすすめしています」と康隆さん。定年退職後、餃子好きが高じて奥様とこのお店を始めたそうです。

 

一番人気は、キャベツ多めの餡を厚めの皮で包んだ、定番の一福ぎょうざ

おうちで簡単にパリパリっの羽根つきぎょうざが作れるとのこと。

 

「上手に焼くコツはありますか?」

「特にありません。誰でも簡単に作れるのが、うちの餃子のいいところです」

 

その秘訣は・・・仕上げの打ち粉にあり。

 

 

そして、商品に添えられる、餃子の調理レシピ。このレシピ、とってもわかりやすく作り方が書いてあるんですよ。

 

 

私も、一福ぎょうざを家で焼いてみました。

蒸し焼きにする過程で、この粉がイイ感じの羽根になるんです!

 

 

自転車のカゴの中で揺られていたので、カタチは少々くずれたけれど、パリパリの羽根つきぎょうざができました!

 

一福ぎょうざは、皮が厚めなので水餃子にも向いているそうです。

生の他、冷凍での販売もしているので、冷凍庫にストックしておけば便利ですね。

 

 

松井さんが自ら探し選んだという、おススメのタレやオリーブオイル・柚子胡椒も販売中。

 

 

おうちでいろいろ試してみるのも楽しいですね。

 

 

 

 

※本文中の情報は2017年4月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/