restaurant_menu食堂・レストラン

和菜毬乃(ワサイマリノ)

place越中島駅1出口から徒歩4分

並んででも食べたい!鉄人シェフの600円弁当

更新日:2019年10月15日

伝説の料理番組「料理の鉄人」で挑戦者として出演し、グルメドラマ「味いちもんめ」で料理監修をつとめた著名シェフが手がけるお弁当が、なんと税込600円! と聞きつけてやってきたのは

 

越中島駅から徒歩約4分の「深川スポーツセンター」内にある

 

和菜 毬乃

 

△センター利用者のほか、近隣オフィスで働くビジネスパーソン、東京海洋大学の学生、地元の町会や連合町会の利用も多い、知る人ぞ知る人気店

 

冒頭で紹介した鉄人シェフ、高橋真砂樹さんがオーナーをつとめる、隠れ家的名店です。

 

△センター内のメインエントランス。お昼のお弁当販売は、外に面したサブエントランスで行っています

 

有楽町の名店「胡蝶」で5年間料理長として活躍し、10万円もするようなコース料理を手掛けていた高橋シェフ。「一流店で腕をふるうことができて幸せだったのですが、もっと食べ手の顔が見えるところで、本当においしいものを適正価格で楽しんでほしいという想いが強くなったんですよね」と、24年前に独立開業。

 

△2020年10月現在、店内利用は夜の予約の方のみ。新型コロナウィルス感染防止対策を徹底し、人数を制限して営業を行っています

 

ジャズが流れる和モダンな店内で提供するのは、高橋シェフが上質素材を用い、手間暇かけて作る端正な日本料理。一流の味が良心価格で楽しめるとあって、スポーツセンター利用者以外の外部の人が多いのもこちらの特徴です。

 

△書家の作品がセンス良く配された店内。幅広い人脈を持つ高橋シェフ、友人の有名ジャズシンガーのライブをココで開催したことも

 

「区の施設ということもあり、納得いくものを適正価格で提供できるのが何より嬉しですね」とシェフ。現在は新型コロナウィルスの影響で、夜は予約のみの営業、そしてお昼に登場するのが、件のお弁当、というわけなのです。

 

 

4種の日替わり弁当が全て600円!

 

「より多くの方においしい料理を手頃な価格で提供したい」とのシェフの想いが詰まったお弁当。副菜までも違えて作る手間暇かかったお弁当が600円で提供できるのは、長年培った業者さんや、生まれ育った秋田の生産者との信頼関係による仕入れ努力の賜物です。

 

注文を聞いてからご飯とスープをよそってくれるから、出来立て熱々が楽しめるのも嬉しい! ご飯は、シェフが生まれ育った秋田直送のあきたこまちです。

 

△お弁当販売は11時半~14時、サブエントランスの前にて

 

幅広い年齢層の方に毎日でも食べてもらえるようにと、あっさり系からガッツリ飯まで多彩なラインナップ。例えばこちらは取材日のメニュー「茄子味噌炒め弁当」

 

△茄子と豚肉、玉ねぎ、ピーマンを絶妙の火入れで食感を残しながら炒め、食欲そそる味噌味に仕上げた一品。副菜はグリルチキンにマカロニサラダ、秋田が誇る郷土食いぶりがっこ。揚物ナシのヘルシー弁当です

 

一方、がっつり食べたい人には「チキンササミカツ弁当」を用意。

 

△サクサク衣をまとったチキンは、肉厚でジューシー。副菜もウィンナー、チーズサラダ、煮豆と、食べ応え抜群

 

上記の2品に加え、この日は「カツ丼弁当」「イワシフライ&ハンバーグ弁当」。多い時で100食近く作るというお弁当は毎日完売だとか。ちなみに「明日は『えび天弁当』と『ポークピカタ』『ブリの照焼弁当』。もう一品はその日の朝考えます。笑」とのこと。

 

名シェフのお弁当が600円で楽しめるとあって、お昼時は行列ができるほどの人気ぶりですが、並んででも味わう価値大!

 

△通りに面した外壁にはこんな張り紙が

 

△行列店ですが、お弁当販売のみなので、長時間待つことはありません。ご安心を

keyboard_arrow_up