日常使いしたいお寿司屋さん、見ーつけた

日本が誇る国民食、寿司。

 

天ぷらにカレーにラーメン…、日本を代表する国民食は数あれど、これほど老若男女に、そして今や世界の人たちに愛される日本食ってほかにないんじゃないでしょうか。

 

とはいえ銀座なんかで食べようものなら諭吉さんが飛んでっちゃうし!
もっと気軽にふらりと行けるお寿司屋さん、ないかなぁ。

 

という方に朗報です。
あるんです、清澄白河駅から徒歩3分ほどのところに。

 

この地に店を構えて46年の「大江戸志げ寿司」

この道一筋の寿司職人・星野里次さんは、16歳のときに浅草の有名店に丁稚奉公で入り、23歳で生まれ育ったこの地に自分の店をオープン。

 

img_3923

 

 

では早速その名店で鍛え抜かれた腕を拝見しちゃいましょう!

 

img_3889

 

リズミカルな動きに合わせて素早く、かつ繊細な手仕事。

 

img_3893

 

早すぎて写真ブレ気味です^^;

 

じゃーん、上寿司1500円。
築地の厳選ネタ、名店で鍛えられた技術と経験を以てして、

正統派江戸前寿司がこの価格。

img_3910

 

「うちはウニやアワビなんかの高い素材は使ってないの。

その時期旬の、普通の魚を手間を惜しまず下ごしらえしてきちんと握れば、

それだけでおいしいの。お客さんに財布を気にせず楽しんでほしくてね」と星野さん。

 

続いて、こちらも人気の海鮮丼1300円。

img_3867

 

赤貝のひも、トロ、こはだ、北海たこなどなど、

その時期旬の海の幸がてんこもり。

 

img_3878

 

コリコリとした食感の赤貝のひもにねっとりとしたトロ、

濃厚なカツオ・・・、至福です~。
「味見だけ…」といいながらワタシ、完食しちゃいました^^;
(そのとまらないおいしさ、ぜひご自身で実感を!)

 

大将との会話もご馳走

30年以上前から通うお客さんも多いというこちら。
味の良さに加えて、常連さんをひきつけてやまないのは、

ズバリ星野さんの江戸っ子キャラ!
「おしゃべり大好き、渡る世間は鬼ばかり大好き」
「祭り好きで数年前まで息子と神輿を担いでた」
「鳥羽一郎ファンで持ち歌は40曲以上!週に2回はカラオケに行ってるよ。お客さん居なくなったら店閉めてカラオケ行っちゃう」

 

と、包丁を握りつつカウンター越しに

お客さんとのおしゃべりに花が咲くのはいつものこと。

 

img_3844

 

こんな愛すべき星野さんに会いに、息子さんの小学時代のPTAのメンバーだった方や、

なんと上述の鳥羽一郎さん(!)、元横綱の大鵬さん(!)も常連さんで、時折訪れるのだとか。

 

こちら↓ 鳥羽一郎さんのサイン。

img_3916

大鵬さんのサインも↓

img_3846

 

そんなわけで寿司以外にも、会話を楽しみつつゆるりと飲みたいお店なので、

おのずと酒の肴メニューもお目見えしてます。

こちら寿司ネタを贅沢にトッピングした「寿司屋のサラダ」600円。

 

img_3913

 

一品料理は仕入れによって常時15品ほど。
寿司屋ならではの酒の肴、これまたうまいですよ~。

 

11月~2月は、毎年恒例お待ちかねの「あんこう鍋」が登場。
日本酒焼酎飲み放題付で1人5000円の太っ腹企画です。

予約して行ってね(じゃないとカラオケ行っちゃうから)!

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/