美味い肴を相棒に、日本酒の楽しさを知る亀戸の夜

亀戸駅前、アトレから北に伸びる路地は、お酒好きにはたまらない激戦区。

 

白いのれんと木格子が目印

 

 

賑やかな通りのなか、キレイなたたずまいのお店を発見。

大衆割烹「山きん」さんです。

 

 

敷居が高いのかな?と思いきや、そんなことありません。

 

 

珍しいお酒に出会える

店内はカウンターにジャズの流れる、やや大人の雰囲気。

 

そのときのおススメのお酒が壁に貼られています。

 

 

北のイメージが強い日本酒ですが、和歌山に佐賀に山口。

どんな味なんでしょう?ワクワクします。

 

よどみない動きでお造りを作るのは、店主の山﨑明義さん。

 

 

お店の名前は「中学校時代のあだ名」だそう。

 

 

お料理は、意外とボリュームあり!

 

 

お造りはイカにかんぱち、鯛、ヒラメ、まぐろが二切れずつ。

これで一人前¥1,500円はリーズナブル。

だってひと切れがすごく分厚い!

 

左は人気メニューのマグロとアボガドの生春巻き。

 

どちらも本マグロの「天身」という、脊髄の近くの身を使っています。

「赤身の中の赤身」と言われ、旨味が濃いのが特徴だそう。

 

自家製「かえし」がお店の基本の味

 

奥は…揚げ出しですが、赤いのはなんでしょう?

 

 

なんとトマト!

 

酸味としっかり効いたおだしが合うんです!

 

鰹節とサバ節でとったおだしに、お醤油などを合わせた「かえし」が味の決め手。

このおだし、このままおそばを付けて食べたい!と思ったらやっぱりありました。

裏メニューとして、お酒の〆に、おそばを出しているそう。

 

 

お刺身のツマもお店で作ったものなのでシャキシャキ。

希望者すれば「かえし」で作った自家製ドレッシングを出してくれ、サラダのように食べることができます。

(私も完食してしまいました)

 

 

獺祭の飲み比べ!

 

人気の日本酒「獺祭(だっさい)」の純米大吟醸と無濾過の飲み比べも。

 

 

無濾過は春と秋の時期だけ。

大吟醸はすっきり、無濾過は華やか。

同じ銘柄でも全く違います。

 

こんなピンクのお酒も。

 

 

着色しているのではなく、ピンク色の酵母の色…なんてキレイ。

 

微かに発泡しているようなシュワシュワ感と、くどくない甘み。

お花見に持っていけば盛り上がること間違いなし!です。

 

 

日本酒を目でも楽しむ

 

日本酒は徳利ではなく、作家もののガラスの片口で供されます。

 

 

この繊細な輝き。

 

目でも酔ってしまいそう。

 

お気に入りの日本酒を手に

左は大山眞名美さん。

山﨑さんのパートナーでもあり、幼稚園の頃からの幼馴染。

おふたりとも亀戸出身。

 

 

「亀戸の舌の肥えたお客さんを満足させたい」と、真面目に語る山﨑さん。

気さくに日本酒のことを教えてくれる大山さん。名コンビです。

 

 

亀戸を、夏おでんで盛り上げる!

 

 

取材した時期はまだ始まっていませんでしたが、亀戸のお店で夏の「冷やしおでん」ムーブメントが起こりつつあるそうで、特別にお写真をいただきました。

 

インスタ映えしそうなビジュアル!

(インスタっぽく正方形にしてみました)

 

 

季節ごとのお料理とお酒を楽しみに、また来たい!そんなお店です。

 

女性おひとりのお客様も多いそうですよー。

納得!!

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/