北砂に満を持して誕生!もんじゃ・お好み焼き界のニューカマー

おみせのつぶやきを読む

北砂にオープンした絶品もんじゃとお好み焼きの店

ここは、北砂3丁目。2018年12月にオープンした『東京下町もんじゃ お好み焼き うさぎ』です。

 

 

外観は一見するとカフェの雰囲気。中を覗いてみると…

 

 

良かった!ちゃんと鉄板のあるテーブルだ!

でもどこか洋風の明るい店内。よくあるお好み焼き屋の感じではありません。

 

「元々ここはケーキ屋さんだったんですよ」

そう教えてくれたのは店長の甲斐豊子さん。

 

 

まずはミックス天(950円)を焼いてくれました。

普段お客さんが自分で焼くスタイルなので、今日は特別なのです!

 

 

このミックス天、豚肉、牛肉、海老、イカ、アサリと入っていて、具材のハーモニーが絶妙です。

ほとんどのメニューがトッピングの必要ないほど具沢山なんだとか。

 

出来上がりました!

 

 

お店の雰囲気は可愛らしいですが、お好み焼きはしっかり本格派。

子育てをしながら長年お好み焼き屋さんで働いていた経験と、家族の勧めによってこのお店を始めたそうです。

 

 

クセになる和洋折衷もんじゃ

パクチー天豚キムチ天など個性的なお好み焼きもこのお店のウリ。

しかし!甲斐さんの創作意欲はお好み焼きだけにとどまりません。

続いて登場したのがクラムチャウダーもんじゃ(950円)。

 

 

流し込む白濁の汁が既に美味しそう…

 

 

おススメの調味料はなんとタバスコ!

 

 

これはヘラが止まらなくなる旨さ!クセになっちゃいますよ。

 

 

他にトムヤムクンもんじゃやアボカドドリアもんじゃなんてのも!

和洋折衷どころか世界中を股にかける鉄板焼きの店なのです!

 

 

こだわりのクラフトビールと手作りレモネードスミノフ

そろそろ喉が渇いてきた頃合に、甲斐さんがクラフトビール(680円)を注いでくれました。

 

 

20種以上のクラフトビールの中からの常時4品を用意しており、こだわりビール党を満足させます。

 

 

酒類は一通り揃っています。

焼酎は米麦芋の厳選銘柄を400円から。サワーは380円からと、下町価格が嬉しい。

 

女性にダントツ人気なのはこちら↓

 

 

自家製レモネードとスミノフを使ったオリジナルカクテル (600円)。

たっぷりのレモンはこのまま食べても大丈夫。美容対策もバッチリです。

 

お酒に合う鉄板焼き料理もご紹介。

期間限定ですが、広島から取り寄せたというカキ焼き。たっぷりの野菜にぷりっぷりのカキが5個、これで700円は破格です!

 

 

 

小さなお子さんは無料のドリンクバー

ビールサーバーの横にあるのは、なんとドリンクバー。

もんじゃ焼きの店ではかなり貴重!通常300円ですが、未就学児は無料とのこと。

 

 

お酒の好きな大人だけでなく、お子さんにも優しいこのお店。

既に北砂のファミリーに人気なんだとか。ちなみに店内は禁煙です。

各種電子マネーがお会計で使えるのも嬉しいですね!

 

 

甲斐さんの娘さんがデザインしたという可愛いウサギの看板が目印の東京下町もんじゃ お好み焼き うさぎさん。ぜひ寄ってみてはいかがでしょう。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

お店のブログを読む