鶏の旨み、ぎゅっ

 

ラーメンラヴァーに朗報です。

森下に、個性派で骨太な一軒が登場しましたよ。

森下駅から徒歩3分ほどの場所に9月にオープンした

 

江戸麺熊八さん。

 

img_6385

 

ラーメンを愛してやまない店主の矢澤真さん、
年間に食べているラーメンは300杯を超えるそう!

img_6378

 

「ラーメンが好きだけど化学調味料や食品添加物のアレルギーがあって食べられない人ってけっこういるんですよね。そんな人でも食べられる一杯を作りたかったんです」

と矢澤さん。
少しでも多くの人においしいラーメンを味わってほしい。

 

そんなラーメンへの愛が、化学調味料・添加物不使用の究極の鶏ラーメンを生みだしました。

 

手間暇かけ、素材へのこだわりも半端ないですよ~。

 

その究極の一杯を作る工程を拝見!

まずは店舗の一角にある製麺現場へ。

 

img_6372

 

「支那そば(ラーメン)とつけ麺、それぞれのスープに合わせて製麺しています」。
保存料となる酒精を入れていないため、毎日打ち立てです!

支那そば用の中細麺には灰分の多い国産小麦を使用。

香り高く、小麦本来の旨みが強いんですって。

img_6295

 

一方つけ麺はもちもち感を重視した配合です。

img_6367

 

 

続いてスープ作りをのぞいてみると。。。

 

こちらはつけ麺用のつけダレ。
鶏ガラとホタテを煮込むこと15時間。15%くらいまで煮詰めて、

超濃厚白湯スープに。

 

img_6297

 

支那そば用スープは、国産丸鶏と煮干しを12時間弱火にかけ、

繊細かつコクのあるクリアスープに仕上げます。

 

あわせる秘伝ダレに使っているのは、木桶仕込みの天然醸造「下総醤油」です。

img_6329

 

 

麺を茹で、

img_6308

薄切り肉をたれで絡めて炙り、

img_6305

トッピングを載せれば「醤油支那そば」750円の完成!

img_6312

img_6327

 

おっと、まずはこちらをご覧いただいた後、

img_6331

 

いざ、スープのお味見を。
鶏の凝縮したうま味のあとから煮干しの奥深いコクが追いかけてきて、

端正な醤油の味わいと相まって…。

 

最後の一滴まで飲みたくなる、飲めてしまうおいしさとすっきり感は、化学調味料不使用、素材の旨み100%だからこそ。

 

 

昆布〆して真空低温調理で仕上げた鶏チャーシューも、

コシがありつるりと喉を通る麺も、

スープとの相性までも計算された、他では味わえない滋味あふれるおいしさ。

 

この上品で繊細な味、豚骨ラーメンがちょっと苦手っていう女性にもぜひ試してほしいなぁ。

img_6369

 

一方、「一般的な濃厚スープの、倍くらいの濃さです」というつけ麺は、マニア受けするヤミツキ系の味ですね、との分析。つけ麺を食べに毎日通う常連さんもいるそうで。

って聞くと味見したくなりますよね。

はい、味見しにいっちゃってください、というか、行くべし!です。

 

 江戸の下町風情漂う雰囲気もイイ!

 

昔ながらの長屋を改装した店内には、

 

img_6344

 

このあたり一帯がかつて“たなご釣り”が盛んだったことにちなんだ

釣りの道具や(庶民も貴族も楽しんだたなご釣りのように、

すべての人に熊八のラーメンを食べてほしいとの願いを込めて)、

 

img_6333

 

深川万年橋の江戸絵画が飾られ、

 

img_6348

 

下町情緒漂う趣ある空間。

 

ラーメン通の間で有名なラーメン官僚かずあっきーさんのサインも。

img_6349

 

ラーメン愛は店主に負けないスタッフ、仁田泉穂さん(左)と原田卓馬さん(右)が気持ちよく迎えてくれます♪

 

img_6340

 

化学調味料・添加物を一切使わず、鶏の旨みがぎゅっと詰まった究極の鶏ラーメンは、舌の肥えた美食家をも唸らせそうな、完成度の高い逸品でした!

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/