スープの魔術師が生み出す珠玉の一杯

オープン間もない頃取材にお邪魔して

その無加調ラーメンのおいしさにノックアウトされた

 

江戸麺熊八

 

新たに担々麺が登場したとの噂を聞きつけ、行ってまいりましたよ。

 

ラーメンを愛してやまない店主・矢澤さんにとって

「ラーメンは自分を自由に表現するもの」。

 

こちら、スープの濃度を専用の道具でチェック中の矢澤さん。

 

 

 

この「味玉担々麺」950はその想いをまさに具現化した一杯、とでもいいましょうか。

 

 

一晩寝かせた自家製麺は、濃厚スープに合わせた極太麺。鶏ガラを煮込むこと14時間、鶏の旨みが濃縮したスープに、ゴマの香りとコク、ビリリと痺れる山椒とラー油が相まって、脳天を突き抜けるがごとくの鮮烈なおいしさです。

 

 

麺の周りの粒々は、スープと麺の絡みをよくし、香ばしさをプラスするポピーシード。パクチー&水菜、糸唐辛子も、麺とスープとの相性&バランスを計算してトッピング。猫の手マークが愛らしい塩ダシ玉子も味が染みた黄身がトロリと溢れます。

 

矢澤さん渾身の一杯、売り切れ御免の大人気メニューです。昼夜とも早めの時間に行くのがおすすめですよ~。

 

 

が、たとえ担々麺にありつけなくても、美味なる一杯は他にも。

 

「見た目に驚かれますが、一度食べるとリピートされる方が多いです」

 という夏の風物詩「冷やし中華」800

 

きゅうりと卵とハムがのっててすっぱめのタレで…

という従来のイメージは、ここでは見事に覆されます。

 

じゃーん。

 

 

トッピングにはバラ海苔とわかめがてんこもり。

 

一体どんな味??

 

と思いながら一口。魚の上品なダシの香りが口いっぱいに広がります。

あっさりしていながら濃厚な旨み。鯖節をメインに鰹節と昆布でとったダシにほんのりすだちをきかせたスープは、繊細で涼やか。

 

このスープと海苔が生み出す、磯の旨みの凝縮感もたまりません!

担々麺のパンチある味わいとは対極のおいしさです。

 

化学調味料に頼らずして、自然素材の旨みを最大限に引き出し、

深いコクをたたえたスープを自在に生み出す矢澤さんは、まさにスープの魔術師!

 

ぜひご自身の舌でそのおいしさを確かめてみてください!

 

全メニューハラル対応なので、ムスリムの友人知人を案内できる貴重な一軒でもありますよ~。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/