江東区 イタリアンの店 まとめ

オリーブオイルを主に使って、素材をシンプルに頂くイタリアンは
日本人の口に合うそうです。(わたしも大好きです(*^^)v)

ピザとか、パスタとか子どもの好きなものもありますし。
ちょっといい雰囲気でお食事ができるってのも、人気の一端なんじゃないかなぁ。

それに、ワインとの相性もいいですしね!

アンティパストをつまみながら、ちょこっと飲みたくなってきちゃった。
よし、今日はイタリアンだ!! ことみせで検索、検索!(笑)

 

 

素材にこだわりながらも、リーズナブルな下町イタリアン

ラ・フォンテ

 

MG_5068-400x267

シェフの石井文男さんは、スパニッシュやフレンチも修業した本格派。
季節やその日の仕入れによって異なる、旬の食材を使った黒板メニューから今日のヒトサラを決めたい。舌の肥えた大人が気張らずに楽しめる店。
亀戸駅北口から徒歩7分

 

 

 

シェフはソムリエ!熟成肉とワインのマリアージュを。

ワイン&熟成肉 亀戸 ラ ルピカイア

 

IMG_9210-600x4451

銀座や六本木などでイタリアンやフレンチの修業をし、独学でソムリエの試験にも合格した実力派シェフが腕を振るう。最近では、熟成肉メニューがおススメだが、実はランチもコスパがよく近隣で働く女性たちで賑わう。
亀戸駅北口から徒歩3分

 

 

 

個店が少ない豊洲の、貴重なバルはイタリアンとスパニッシュのいいとこどり

BAR BREZZA

ca9af94c7c3e8003a119e0c4b6a1131d

1階はスタンディング&ちょっと高めのスツール席、2階はテーブル席と シーンにあわせて使い分けられるお店。
常時400種類のワインが揃い、1杯400円~のいわゆる「がぶ飲み系」ワインも。タパス一緒にさくっと1杯もよし、その場で切り出してくれる、イベリコ豚の生ハム「レセボ」も外せない。
豊洲駅4出口から徒歩2分

 

 

 

気さくなカジュアルイタリアン、ピザやパンなどの「粉もの」がツボ

イタリアンレストラン BIANCO

DSC01001-400x267

近年住吉に移転。以前の場所での常連さんも、遠方からシェフの渡辺久夫さんに会いに訪れるのは気さくな人柄のせいかも。スポーツ万能、鋼の体を持つシェフが独学で探求してゆく料理はどれもハズレなし。個人的にはパンやピザの生地が激ウマでお勧め。テイクアウトもできる。
住吉駅A2出口から徒歩3分

 

 

 

週2で通えるお財布への優しさ。お値段以上の味、雰囲気に満足度高し

Italian bar Riso

DSC_0505-500x332

 

550度まで上がるピザ釜で焼き上げたナポリ風のピザがイチオシ!なんとマルゲリータが500円。その他にも、あったかい前菜、冷たい前菜と各種取り揃えており、どれもリーズナブル。店の内外装も一人でも来やすいオシャレな雰囲気。場面を選ばず利用できる。
森下駅A4出口から徒歩3分

 

 

 

 

 

日本の食材の持ち味を活かしながら、再現したイタリアの郷土料理

トミーノ ラ カーザ ノストラ

950tomino2 (600x347)

イタリア北部で3年間本場の料理を学んだ、オーナーシェフの石田智人さんが、日本の食材でイタリアの郷土料理を再現する。古民家を改装した一軒家レストランなので、雰囲気抜群!特別な夜を演出してくれそう。
森下駅A7出口から徒歩2分

 

 

 

 

今宵、清澄白河で魔法ががった一皿に酔いしれる

il tram

6dd76fe1ec639d61d60c91bada7e3a38

清澄白河で、予約の取れないレストランとして評判の「イルトラム」
食材を変身させ、さらなる価値を生み出す魔法のような一皿にファン多し。ワインの知識も豊富なシェフに聞きながら、マリアージュを楽しみたい。
清澄白河駅B2出口から徒歩7分

 

 

 

ランチパスタをコンプリートする人続出・知る人ぞ知る店

レストラン パパス

515f236a77a0465e3a6495330b715974

ランチメニューはパスタと、1日限定10食のオムライス。(ミニサラダがついて800円!コーヒーもサービス) パスタは一週間で20種類を日替わりでご用意アリ。全種類をコンプリートする人も続出。ナポリタンや、激辛トマトソースのメッツァノーテなど長年のファン多し。
門前仲町駅3番出口から徒歩8分

 

 

 

 

カジュアルに楽しめる店もあり、しっかりお食事とワインを堪能できる店もあり。
気になるお店があれば、ぜひ行ってみて下さいね~(^^)

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/