「印を作る」それはパワースポットを持つということ!

私たちの原風景のひとつなのか、「街の印鑑屋さん」を見かけるとホッとしませんか?

 

 

西大島駅から徒歩3分。

 

「片柳印章堂」の看板は、今日も街の景観になじんでいます。

 

 

 

 

ここは、全国技能士連合会が認める「全技連マイスター」であり、厚生労働省が認定する「ものづくりマイスター」の一級印章彫刻技能士・片柳範雄さんのお店。

 

 

▲実は「大島らかん通り商店街」の会長さん!

 

たくさんの肩書をお持ちですが、実は「東京都印章技能士会」の依頼により、東京都の小学校などで「篆刻(てんこく)の指導」をされていらっしゃいます!

 

とある江東区内の小学校にて。

 

 

篆刻の授業は、生徒数も多く、ひとりひとりに指導が必要なため6人ほどの技能士で進めるんだそう。これは、とっても贅沢な授業ですね!

 

 

 

小学校低学年はひらがなで、小学校高学年は漢字一文字など、学年によって難易度が変わります。

 

 

 

 

「青田石(せいでんせき)」という柔らかい石を「鉄筆」で削って作る2時間ほどの授業。子どもたちは集中し、「自分の印章」を作るのです。

 

 

 

実は筆者の身内が高校生の時に、これを作ったことがあるのですが、何十年たった今でも、年賀状などで最後に朱肉をつけて押印しているのを見かけます。

 

 

「自分の印章を持つ」というのは、それほど“特別”なこと。小学生のうちに、自分で彫った印章を持てるなんて、なんとも素晴らしい授業であり、経験ではないでしょうか。

 

 

 

大人だってそんな特別な印章がほしい!

 

 

実は「片柳印章堂」では「印相」を見てデザインし、あなたの印章を彫ってくれます。

 

 

 

 

「開運印鑑は高い!何十万する!」というのを聞いたことがありませんか?

 

 

片柳印章堂では、印相デザイン代は込み。

 

 

通常価格で「印相デザイン」して、彫ってくれるんです!!

 

▲こちらの価格で「印相デザイン」してくれます。

 

 

しかも、お願いすれば名前の画数もきちんと確認してくれて、押せばそこがパワースポットと言ってもいい「自分だけの開運印章」ができてしまうのです。

 

 

「でもね、結局その人自身の努力が大切なんですよ」と片柳さん。

 

 

努力を積み重ねてきたからこそ、片柳さんはそう語ります。

 

「努力は人を裏切らない」とお客さんの背中を押してくれる一級技能士さんが彫る印章。

 

筆者もひとついただきたくなりました。

 

 

※商品価格は2017年10月現在のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/