働くパパママご安心を!子どもの急な発熱に豊洲の病児保育室

豊洲にできた病児保育室

「子どもが熱を出してしまった!でも明日はどうしても仕事休めない!(><)」というパパやママの困りごと、小さなお子さんがいる家庭であれば必ず出てきますよね。

そんなパパママたちにニュースです!2019年1月17日、豊洲駅前に「病児保育室フローレンス豊洲」がオープンしました!

 

 

場所は、「豊洲子ども家庭支援センター」のある豊洲シエルタワーの一角。以前、子育て支援センターもあったところですね。マンションのエントランスホール横が入口です。

 

 

迎えてくれるのは、約80時間の病児保育専門の講習を受け、さらに継続的な講習で研鑽を続ける保育スタッフさんたち。都の定める配置基準より手厚く、3名のスタッフで対応しているんだとか。

 

 

お部屋はこんな感じ。定員は4名。部屋が分かれているので、インフルエンザや胃腸炎などの感染症の子でも預かってくれるんだとか!助かる~!

 

 

お預かりしたお子さんの詳細な情報をホワイトボードに記入し、スタッフが常にチェック。有明こどもクリニックと連携しているので、急な症状の変化にも迅速に対応できるそうです。

 

 

小さな子でもわかるマークで持ち物を管理しているので、感染対策も万全!

 

 

 

ママの心の負担も軽くする保育

「病気の子どもを置いて仕事に行くなんて」という、後ろめたい気持ちありませんでしたか?私はありました。

 

でも、保育スタッフ・小森さんの

「子どもが熱を出すのは当たり前。子育ては、地域の人みんなでするものです。頑張っているママたちの助けになり、安心してお仕事ができる環境を作りたい」

という言葉に、心がすーっと軽くなりました(TT)

 

△広報・小柳和歌子さん(左)と保育士・小森明美さん(右)

 

「体調が悪くてここに来たとしても、普通の保育園と同様に楽しい思い出を作ってお家に帰ってほしい」というのがモットー。

 

 

子どもの体調に合わせて遊びを選択。子どもたちが安心して過ごせるよう、お気に入りのぬいぐるみやタオルなどの持込みもOKです。

 

 

「こもりん」「えいちゃん」「おすぎ」「なびび」「さっちゃん」と、保育士さんはあだ名で子ども達に気軽に呼んでもらってます♪

 

 

帰宅の際には、その日一日の様子や症状の変化を記入した用紙も保護者の方にお渡しします。

 

 

 

事前登録や予約、キャンセルもWEBで対応!

利用前に必要な事前登録もWEBから申し込みができるので家で済ませられ、申し込みから約5日後に病児保育が利用できるようになります。まさに忙しいママ向けのサービスですね!詳しくはコチラから確認を。

【保育料】1日3000円(初回利用時のみ登録料1,000円、朝6時を過ぎてからのキャンセル料2,000円)

【保育時間】9:00~18:00(月~金)

【対象年齢】6ヶ月~6歳

※利用の際には必ず有明こどもクリニックの受診が必要です。

 

パパやママがお迎えに来た時に「楽しかったよ!」と笑顔で帰宅する子どもも多いとか。いざという時頼りになる病児保育室でした^^

 

「病児保育室フローレンス豊洲」が満員の際、便利なのが訪問型病児保育。こちらは入会金が必要だそうですが、会員になると、当日8時までの予約で保育スタッフが自宅へ駆けつけ、お子さんの面倒をみてくれるそうです。

こちらもネットで申し込みを。詳しくはこちらフローレンスの病児保育」から「入会お申込み」へ進んでください。

※ことみせくーぽんをご利用の方は、ベーシックプランを選んでください。「提携割引およびキャンペーンを利用します」欄で「はい」を選び、パートナーコードNo.:BY0401 を入力すると割引が適用されます。

 

 

※本文中の情報は2019年3月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/