新鮮でリーズナブル。普段づかいできるお花屋さん

ふらりと入れる、街のお花屋さん

西大島駅すぐ、大通り沿いにある「花甚」さん。

仏花を中心に、地元の方に愛されているお花屋さんです。

 

 

派手さはないものの、冷蔵庫で温度管理されたお花はどれも新鮮。

 

 

しかも、リーズナブルなんです

 

仏花だけににはもったいない、かわいいスプレー咲きのキクは1本150円。

 

 

 

お花の女王様、バラも1本なんと200円から。

 

 

 

1本で存在感抜群、人気の高いユリも250円。

こんなにたくさんつぼみがついて、このお値段…

 

 

 

高そうなランも800円。他のお店だったら1,000円超えるんじゃ…。

 

 

このコはどこの国から?と聞くと、群馬産でした。

 

 

取材中も、ひっきりなしにお客様が

 

「800円くらいで…仏さまにバラってどうなの?」

「最近は多いですよ。気になるならこの白いトルコギキョウはいかがでしょう」

「いいわね。あと、少し明るい感じが欲しいわ」

「ではピンクのカーネーションを入れますか」

 

 

予算と目的に応じて相談に乗ってくれます。

 

らせん状にお花を組み、好みの長さに切りそろえて…

 

 

ひもでぎゅっとまとめて。

 

 

お花を作っている間も、お客様と世間話。

手際が良くて、見とれてしまいました。

 

 

 

もちろんブーケも作ります

お店には予約のブーケもありました。

その夜のお誕生日パーティで渡されるそうです。

 

 

このボリュームで2,000円。見えない!

 

 

お花を買うって、幸せなこと

この後も何人もお客さまがいらっしゃいました。

「101歳で大往生した故人に」「里帰りする娘たちを迎えるため」…

それぞれふさわしいお花を選ぶために、色んなお話をされていきます。

 

共通していたのは渡された瞬間、皆さん必ずお花の顔をのぞき込んで微笑むこと。

 

そう、お花って特別で、きっと心躍るお買い物。

 

 

お花を見て怒る人はいないからね」とご主人。

 

大切な人のために、自分のために、たまにはお花を買ってみませんか?

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

大切な人を想う気持ちにこたえて・・・

新鮮な切り花だけを扱う大島の生花店

 

西大島駅すぐ近くに、3代目の池ノ内辰男さんが営む花屋、「花甚」があります。

 

「今はその風習も減ったようだけれど、毎月1日と14日は神棚と仏壇に供えた花を替える日。子どもの頃、通学前に配達に行ったものですよ。お菓子屋さんに行くと、お駄賃にお菓子をもらえるのが楽しみでね(笑)」

 

「花屋が天職」と、50年近く前にこの店を継いだ池ノ内さん。

扱うのは切り花のみ。

「うちは仏さまに供える仏花が中心なんですよ」とのこと。

 

DSCF8887 (600x380)

 

一定温度で管理されたケースの中は、決して多くはないけれど、仏花として代表的なキクの他、産地を変えて1年中あるというカーネーションやトルコキキョウ、カサブランカなどユリの仲間、夏ならヒマワリなどの季節の花もそろっています。

 

もちろん仏花としてだけでなく、部屋に飾る花を買う人も。

 

DSCF8896 (600x400)

 

 

モットーは花の持ちの良さ

 

「いつもここで仏壇に供える花を買う」という年配の女性にこの店の良さをたずねたら、

「ここのは、長持ちするのよ」とのこと。

 

「新鮮で持ちがいいのがうちのモットーなんです」と池ノ内さん。

「できるだけ長持ちして供えられるように」と、あらかじめ束を作り置きせず、お客さんひとりひとりに応じて作るそうです。

 

DSCF8907 (600x400)

 

「その都度作る方が新鮮だしね」

 

この日も次々と仏花を買いにくる人の注文に応え、手際良く花を選び、束にしていきます。

 

DSCF8910 (600x394)

 

「1,000円で作って」、「故人が好きな花だったカーネーションを入れて」などと希望を言うお客様もいたけれど、何も言わず池ノ内さんにおまかせの人も。

 

DSCF8926 (600x387)

 

「だいたい800円から1,000円で注文する人が多いですね。いつも同じ値段で中身はおまかせの人もいて、そういう人には、前回とは違う種類を入れて作ります」

 

 

やさしくおだやかに、故人を偲ぶ想いにこたえる池ノ内さん。

 

DSCF8931 (600x378)

 

この店は、大切な人を想う人にとっての癒しの場でもあるようです。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/