restaurant_menu 焼き肉

焼肉 道海山(ヤキニクドウカイサン)

place錦糸町駅2出口から徒歩10分

店で自宅で、A5ランクの黒毛和牛をどうぞ

公開日:2021年8月23日

亀戸、錦糸町、住吉の3駅から徒歩圏内、横十間川沿いにある「焼肉 道海山(どうかいさん)」。川を挟んで都立墨東病院が見えるロケーション。

 

近隣住民のみならず、遠方から訪れる人もいるほどの人気店です。

 

各テーブルに無煙ロースターを完備。頭上に排気用ダクトがないので、店内はすっきりした印象。

 

ゆったりくつろいで食事ができる座敷席もあり、焼肉店としては区内屈指の広さです。

 

カジュアルな雰囲気と高級感を併せ持ち、気軽な食事から宴まで、様々な用途で使えるのも人気の理由。

 

入口には季節感あるコスチュームのぬいぐるみがお出迎え。スタッフさんのおもてなしの心が伝わってきます。

 

「うちで提供するのは、宮城や山形、北海道など、寒い土地の雌牛です。脂の溶ける温度が低いので口の中でとろけやすいんですよ」と店主の熊谷卓さん。

 

牛肉は部位によって産地を変え、目利きを生かして芝浦の仲買人から直接仕入れているとのこと。

 

店頭に牛の個体識別番号を表記しているのは、品質に自信があればこそ。

 

識別番号をネットで調べてみると、この日のカルビとロースは、それぞれ北海道生まれで2歳半のメスの黒毛和牛。

 

出生の年月日・雌雄の別・母牛の個体識別番号・種別(品種)・飼養場所の履歴などの詳細を知ることができました。

 

仕入れに自信ありという、こちらのお店の一番人気がこちら。「厚切り3点盛り」4,990円(税込)。

 

ロース、カルビ、一頭からわずかしかとれない希少部位ハラミの厚切りも入って大人気の盛り合わせ。一日5食限定です。

 

こちらは「カルビクッパ」1,100円(税込)。

 

12時間以上かけて作るだし汁に自家製ラー油を加えた甘辛スープが味の決め手。

 

あばら骨の間に位置する「中落ち」と呼ばれる部位を甘辛く煮込んでからスープに加えた、特製カルビクッパ。大きな肉の塊が2個入っています。

 

そして、こちらも人気の「上タン塩」1,590円(税込)。

 

よく見るタンの断面と違うと思いませんか?

 

「牛タンは舌先の方が固く、同じ一人前でも柔らかいものとそうでないものが混在してしまいます。そこで、うちの店では固い部分を切り落とし、柔らかい箇所のみを縦にカットし、均一のものをお出しているんです」と熊谷さん。

 

なるほど!それでこの形なんですね。

 

このようにカットすることで、牛タンの根本の柔らかいところから牛肉特有の脂が出て、ジューシーでよりおいしくなるのだそうです。

 

食品ロスを防ぐために、切り落とした牛タンの固い部位をやわらかくなるまでじっくりと時間をかけて煮込み、ルーに加えたのが「牛タンゴロゴロカレー」1,000円(税込)。昼夜提供しているそうです。

 

気軽に上質の肉を堪能するなら、ランチセットがおすすめ。11時半から14時まで提供の「カルビ定食」1,500円(税込)。

 

「厚切り3点盛り」同様、カルビはA5ランクの黒毛和牛。チョレギサラダ、玉子スープ、ナムル、キムチ、少量から爆盛りまで、量を選べるライス付き。利益度外視という超高コスパなランチセットです。

 

繁華街とは一線を画したロケーションだからこそ、様々な工夫をこらし、地域密着店として長年親しまれている「焼肉 道海山」。

 

厳選した上質の肉はテイクアウトして自宅でも楽しむことも。

 

 

その他テイクアウトできるのは、お弁当、スープやクッパ、うどんなど、バラエティー豊か。お店の味を自宅でも楽しんでみませんか?

 

※記事の内容は2021年8月時点での情報です。最新の情報はお店に直接お問い合わせください。

 

keyboard_arrow_up