M式テクニック「トリプルアプローチ」で根本治療! 森下・清澄白河の整骨院

森下駅からも、清澄白河駅からも徒歩3分。2018年7月にオープンした陽かり整骨院さん。

 

江東区内で唯一の「M 式テクニック トリプルアプローチ」の治療院です。

 

 

扉を開けると、真っ白でスタイリッシュな空間!

 

 

なんだか、オシャレなスポーツジムみたい!

 

 

こちら、院長の茂木雄介さん。

 

 

治療家歴8年。柔道整復師、鍼灸師として治療にあたり、勉強を重ねるうち「M 式テクニック トリプルアプローチ」に出会ったそう。自分がやりたい治療法はこれだ、と独立を決意。「陽かり」という名前は、ご自身の子どもたちから取ったという2児のパパ。

 

茂木先生の目指すべき治療とは?

「健康的な生活のための予防治療です!」

 

 

ズバリ「M 式テクニック トリプルアプローチ」とは何ですか?!

 

来院する患者さんは、病院、整体院を転々としても治らない首の痺れや腰痛を抱える人が多いそう。そんな人たちが支持する「M 式テクニック トリプルアプローチ」とは・・・

 

 

目の前の症状にとらわれず、正確な検査から原因を見つけ、構造と機能を正す根本治療。

そのため検査を重視し、検査8:施術2の割合なんだとか! 検査は、姿勢、筋力、関節や骨の動きを最新機器で測定。「筋肉×骨格×神経」にアプローチします。

 

▼提携するクリニックの協力で、レントゲンを使った画像検査を行います。

 

 

手技を使わない、最新療法

こちらの特徴は、なんと、手技を使わないこと!

 

「手での施術は、施術者の癖や左右差が歪みにつながるんです」と茂木院長。機器を使うことで、指圧では届かない深部をピンポイントかつ正確に刺激し、骨格と神経の流れを調整するのだそうです。

 

使うのは・・・

これです!

 

 

機器の先端につけて、圧を発し、骨格と神経を整えるのだそうです。

部位や目的によって、先端はチェンジ。

センサーがついていて、患部の状況をモニターに映し出すことができるんです。へえ〜〜!

 

 

 

機器の施術って、どんな感じ?

整骨院の施術といえば、人の手で行うものだと思っていたことみせスタッフ。ドキドキしながら、施術の様子を見せてもらいました。

 

▼姿勢検査。前からと横から撮影します。

 

 

▼頚椎の検査

モニターを確認しながら、一つ一つの頚椎のデータを取っていきます。

カチッカチッっと

 

 

圧を加えるポイントは、手で探すんですね。神経の伝達の状態を診ているそうです。

 

 

次に、ベッドでの筋力検査、関節の可動域の検査。こちら、立った姿勢から電動でグイーンと倒れるベッドなんです。これにより、骨格のズレなく、正確な計測、施術ができるんですって。

 

 

股関節の可動域と筋力、肩や腰もチェック。

 

 

検査が済んだら説明を受け

 

 

骨格と神経を調整します。

 

タタタタタタ!と、機器を使って刺激を加えます。叩くような振動が、指では届かない深部にまで届くそう。なるほど、ここが機械ならではのよさなんだな〜。

 

 

調整後、再度検査します。お〜。肩の可動域が広がりました。「施術前より、腕に力が入るようになりました」とモデルさん。

 

 

1回2回で効果を出す治療ではないのですが、治療が進むうちに「そういえば痛みがなくなった」「よく眠れるようになった」という人が多いそう。便秘が治った人も。

 

 

科学的な根拠に基づく根本治療。これはちょっと面白いなあ。困った時は、ここに駆けこもう!と思いました。

 

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/