「ことみせ街ゼミ」プロが教えるイワシの手開き講座

ことみせ街ゼミ開催!

 

 

2015年2月発行の情報誌ことみせvol.5で企画した「ことみせ街ゼミ」。

 

毎日、築地で鮮魚を仕入れるという鮮魚村上の目利き主人、村上剛さんが講師となって「イワシの手開き」のハウツーを無料で教えてくれる、という内容です。

 

3月に行われた、その様子をざっくりとご紹介しますね。

 

 

お店は南砂ですが、情報誌を見て東砂や門前仲町、区外からも参加者がありました。

 

この日、村上さんは、新鮮でプリップリなイワシを1人に5尾ずつ用意してくれて、一同「うわ~!」と喜びの声。

 

DSCF9404 (500x333)

 

ウロコがピカピカ輝いていて、ぷっくりしているのが新鮮な証拠だそうです。さあ、いよいよ始まります。

 

DSCF9406 (500x333)

 

「こう持って、グイっと頭をちぎってね」

 

DSCF9418 (500x333)

 

親指を入れて、お腹を開き内臓を取り出します。

 

大【候補2】_ IMG_6026 (500x333)

 

参加した皆さんも、やってみます。

 

DSCF9422 (500x333)

 

ほとんどの人が、手開き初心者・・先生のようにはいきませんが、楽しそうです。

 

DSCF9425 (500x333)

 

DSCF9435 (500x333)

 

「ここは、もうちょっとこうして・・・」なんてアドバイス。

 

熱心_DSCF9442 (500x328)

 

次は、開いて、骨を取り除きます。なるべく骨に身がくっつかないように、そろりそろりと・・・

 

DSCF9467 (500x333)

 

はい、皆さんもそろりそろり・・・

 

DSCF9456 (500x333)

 

次に包丁を使い、尾と腹ビレのあたりの硬い骨を除きます。

 

DSCF9470 (500x333)

 

こんな感じで、完成間近。

 

皮むきへ_DSCF9486 (500x333)

 

次は皮を薄くはがします。

 

DSCF9489 (500x333)

 

できるだけ薄~く、皮の色が残るくらいに・・・

 

DSCF9490 (500x333)

 

食べやすい大きさに切って盛り付けます。

 

DSCF9508 (500x333)

 

村上さんが用意してくれた刺身のツマ、ダイコン、オオバ、ワカメを使い、彩りよく完成~!

 

DSCF9509 (500x333)

 

自分でこしらえたイワシの刺身を手に、参加した皆さん、イイ笑顔(^^)

 

参加者の皆さん_DSCF9525 (500x325)

 

 

このお店の詳しい情報はこちら

鮮魚むらかみ

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/