restaurant_menu ラーメン

麺屋純風(メンヤジュンプウ)

place門前仲町駅6出口から徒歩6分

激戦区の実力店!一杯入魂の多彩なラーメンをご堪能あれ

公開日:2020年12月14日

深川のラーメン激戦区と言われる葛西橋通り。本日お邪魔したのはそのうちの一軒、

 

麺屋純風

 

 

職人歴18年の店主が、多彩なスープ×麺の唯一無二の一杯入魂のラーメンを提供する実力店です。

 

△営業中はカウンター席の間にパーテーションを設置

 

△お座敷席のテーブルの間には透明のシートを張り、衛生管理を徹底

 

店内は木の温もり溢れる寛ぎ空間。ランチタイムは混雑緩和のため、券売機で食券を購入するスタイルです。一方ディナータイムは古民家風の店内で、多彩なおつまみでゆったり飲めるラーメン居酒屋に。こちら(↓)がその券売機ですが、初めて訪れる方はそのメニューの多さに驚くはず。

 

 

醤油・味噌・塩・あっさり・冷たい麺・つけ麺・辛い麺・油そばの8つのカテゴリーがあり、さらにそれぞれのバリエーションが3~6種ずつ。黒板の新メニューも入れると40種近くのラーメンがラインナップしているのです。

 

 

麺は多彩なスープに合わせて平打ち太麺、太麺、細麺の3種を用意。全て食感の良さと健康面も考慮した全粒粉麺です。

 

△ランチタイムは麺大盛り無料&小ライス無料で楽しめます!

 

ここまで種類が多いのは、ひとえに店主のラーメン愛の強さゆえ。とにかくラーメンが好きで「研究・改良を重ねるうちに、どんどん新メニューが増えていったんですよね」。

 

△ラーメン職人歴18年、五感を研ぎ澄ませてラーメンと向き合います

 

そんな店主のこだわりが詰まった一杯入魂のラーメンのなかでも、人気のひとつが「しびれ系味噌らーめん」900円。

 

 

ベースとなるのは、圧力鍋で豚骨と鶏ガラ、香味野菜のうま味を抽出したスープ。そこに秘伝の味噌を合わせたコク深いスープに、合わせる麺は食べ応えのある太麺。花椒をたっぷりトッピングしたしびれる旨辛味がヤミツキのおいしさです。

 

大ぶりのチャーシューは、豚肩ロースを低温調理し、しっとり柔らかな食感に。

 

 

△「主役であるスープと麺のおいしさを際立たせるよう、醤油・みりんベースのオーソドックスな味付けです」

 

そのほかにも、魚介×豚骨スープがベースの「醤油らーめん」や、鰹や昆布、しいたけ、鶏ガラスープの「昔風東京下町らーめん」各750円など、個性溢れるスープが勢ぞろい「梅塩らーめん」や「担々麺」は特に女性に人気だそう。

 

 

居酒屋メニュー&テイクアウトも

 

夜はラーメンに加え、多彩な一品料理が揃うのも嬉しいポイント。「ねぎレバー」「牛スジ煮込み」「砂肝の唐揚げ」など、おいしく飲める酒肴が揃います。

 

△ゆったり寛げるちゃぶ台が並ぶお座敷席。夜は40種のラーメンに加え、多彩な居酒屋メニューがラインナップ

 

ちゃぶ台が並ぶ古民家風のほっこりとした空間も、飲み気分を高めてくれる居心地の良さ。フラットなお座敷は小さなお子様連れの家族にも好評です。

 

 

もちもち&厚めの皮×ジューシーな餡がたまらない定番人気の「手包み餃子」(5個560円)は、テイクアウトでも大人気。

 

 

そのほかテイクアウトメニューのおすすめは「チャーシューカレー弁当」900円。ラーメン用とは別に、お弁当用に開発したというチャーシューは、低温調理でしっとり柔らか、口に運べば肉汁が溢れます。

 

 

キッズにも好評の自家製カレーは、玉ねぎの甘みが際立つコク深い味わい。ボリューム満点なのでガテン系の男性や、ママと子どもでシェアしたり、というお客様も多いそう。

 

 

居酒屋使いもできて、テイクアウトメニューも充実の、使えるラーメン店。激戦区で不動の人気を誇る名店の味、この機会にぜひ試してみて。

 

keyboard_arrow_up