ワイン片手にハッピーアワー♪

豊洲でワインといえば

 

豊洲でおいしいワインを飲みたければココ、「BAR BREZZA」。

日常使いにぴったりなスパニッシュイタリアンバルです。

 

SONY DSC

 

 

ワインセラーに並ぶのは、2000円台の‟がぶ飲み系”から、ハレの日に開けたい有名銘柄まで、スペイン、イタリアを中心にニューワールドに日本産、ざっと400種!

シニアソムリエでもあるオーナー夫人が世界中から厳選したラインナップ

と聞けば、ますます飲みたくなるじゃないですか。

 

まずはハッピーアワーを利用して、気軽にカジュアルに飲み始めましょうか。

 

毎日ハッピーアワー♪

 

毎日17時から19時は1階席限定で、サントリーモルツ302円、スペイン産ハウスワインをグラス248円で提供してるんです。太っ腹!

 

SONY DSC

 

ワインは赤白ともすっきり飲みやすく、まだ明るい宵の口にぴったりな軽やかな飲み口。

夜更けとともに濃厚なヤツを2杯目3敗目とオーダーしたくなる!

 

SONY DSC

 

飲み比べセットなんかも用意しているので(産地ごと、品種ごとなど、これまたそそられる組み合わせなんです)、ぜひお試しを。

 

ハッピーアワー限定タパスもあり

 

小エビのフリット(250円)はハッピーアワー限定のタパス。揚げたてプリプリ。

そしてワインのお供には前回紹介した生ハムもお忘れなく!

 

SONY DSC

 

ワイン片手に店長の若月雅士さん(↓ご覧の通り、気さくなイケメン店長!)や、

常連さんとのおしゃべりも楽しい夕暮れ時。かつて旅したスペインのバルにいるのかと錯覚しそうなほどの本場感にハマってしまいそう。

 

 

SONY DSC

 

仕事帰りに一人でさく飲み、ママ友同士で帰宅前に一杯、

はたまたワンちゃんの散歩中の休憩(1階はワンちゃんOKなんです!)なんてときにもハッピーアワー、おすすめです。

 

タパスやおつまみはもちろん、パエリアやパスタなどしっかり飯も充実しているので、

ハッピーアワー後の‟がっつり食べたい”にもしっかり応えてくれますよ~。

 

SONY DSC

 

このお店の詳しい情報はこちら

ワイン、呑んでかない?

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

ワイン、呑んでかない?

この疲れを癒す葡萄の香り

仕事終わり。
なんでしょうね、この気怠い感覚。
上手くいった日も、ムシャクシャした日も、
少しだけ「息抜き」をしてから帰路に着きたい、そんな宵の口。
定時で帰れるラッキーディも、残業で骨が折れるこの晩も、
一杯飲んで帰りましょうか。ワインでも!

 

イベージグラス400_DSC03500

 

オシャレなお店や高層ビルが立ち並ぶ臨海部・豊洲。
駅の近くにオシャレなバルがあるのをご存知ですか。

 

外観300_DSC03505

 

「バル・ブレッツァ」は  イタリアンとスパニッシュのいいトコどり!!

常時400種類のワインが揃い、

 

ワイン蔵400_DSC03504

 

 あなたの「一杯の幸せ」を満たしてくれます。  

ちなみに「がぶ飲み系」という
「センダス・レイティント」は一杯400円!
リーズナブルなラインナップもあるので気軽に楽しめますね。

 

ワイン400_DSC03530

 

生ハムの本当のおいしさを堪能

さて、今宵の一杯目が決まったら、「アテ」が気になりますよね。
こちらでは簡単なタパス(スペインの簡単な前菜)から
パスタやパエリアまでお料理だってバッチリ!!
なかでもこちら

 

 

カット400_DSC03486

 

丁寧に切り分けた

 

肉切る400_DSC03489

 

イベリコ豚の生ハム「レセボ」の

 

生ハム400_DSC03562

 

深い味わいと言ったら!!

24ヶ月間じっくり熟成したその旨味は・・・、
もう一杯ワインをオーダーしたくなる
そんな誘惑においそれとハマってしまうおいしさです。
(ぜひご自身で体験を!)

 

その他にも・・・

 

テーブル670_DSC03559

 

彩り豊かな「バーニャカウダ」なんかオーダーしてみたり。

 

1階はスタンディング&ちょっと高めのスツール席、
2階はテーブル席と シーンにあわせて使い分けられるお店、
というのもうれしいですね。

気の合うあの人を誘うも、一人でゆっくり過ごすもあなた次第。
どうですか、おいしいワインを呑みに
この仕事、早く切り上げましょう!!

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/