噛んで楽しむ!ランチタイムのオノマトペ

社会人にとって、お昼休みは貴重な時間。お仕事や子育ての合間、ちょっとだけ肩の力を抜いてゆっくり栄養補給…

 

の、はずが。

 

「最近の人って吸い込むようにものを食べるわよね~(苦笑)」と、木場公園付近にあるcafe copainの店主、高橋さん。

 

あー、確かに。焦って急いで食べてしまう人が多いかも(←他人事ではない)

 

「うちのお料理はたっぷりの生野菜とちょっと固めに焼いたパンが特徴だから、是非ちゃんと噛んでゆっくり食べてね」

 

 

そんな会話をしたのがほぼ一年前。今でも高橋さんの言葉と時折思いだし、ゆっくり食べる習慣をつける努力はしているものの…むずかしい。

 

そこで!

 

おいしいランチと食生活の見直しのため、久しぶりにcafe copainでお昼をいただきました!

 

 

その日届けられた千葉・柴海農園の有機野菜次第で変わるランチメニューから、サンドイッチプレートをチョイス。今日はバターナッツ、四角豆、甘長とうがらしと茹で落花生のチキンサンドがいい感じ♪

 

見るだけでも幸せになれるくらいのボリュームと彩りです!

 

一緒についてくるサラダには旬の野菜がたっぷり入っていて、お客様から「商品化してほしい!」と言われるほどの自家製ピクルスドレッシングと相性抜群。さらにドリンクとプチデザートまでついて1000円といううれしいお値段。

 

 

いただきまーす!

 

ぱくっ。

シャキッ!バリッ!ポキッ!

シャリシャリ。ハムハム。もぐもぐ…

 

なんて絶妙な音と食感のシンフォニー!最近「咀嚼音」が音フェチの間で流行っていると聞きましたが…わかるかも。

 

厚切りでもちもちの手作りパンも、ジューシーなお肉も、新鮮なお野菜も、全部歯ごたえがこのうえなく良い。様々なオノマトペが交じり合うなか、改めて食事は良く噛んでじっくり楽しむべきものだと痛感しました。

 

 

お料理に夢中になり、気が付いたら完食。
そして食べ終わった時の感想は

 

「身体にいいことしたなぁ~」と、なぜか自慢げ(笑)

 

でも、これだけの種類の野菜をいっぺんに取れて、ちゃんと味わってご飯を食べられたことは本当にありがたいです。高橋さんは「健康のために月一回くらい来てみたらどうですか?」と冗談っぽく言っていましたが、ありだと思います!

 

 

相変わらずランチだけではなく、手作りパンの評価も高いcafe copain。「プレミアムな食パン」は今年始めて以来、人気がありすぎて毎回早々売り切れてしまうらしいです。

 

 

今日もまだ3時なのに残りはこの一斤のみ。
こんなチャンス、逃すわけにはいきません。

 

「買います!」

ということで、本日も完売になりました。(ごめんなさい)

 

 

10月になれば、人気のサラダセットも復活するみたいですね。

 

皆さんも「最近ちょっと食生活が…」と思ったらcafe copainに行ってみてはいかがでしょう。美味しい野菜料理をバリバリ噛んでもりもり食べたら、きっと身体が喜びますよ!

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

運河のほとりの古民家カフェ

 

三つ目通り、仙台堀川にかかる末広橋のたもとに、なんとも味わいある外観のカフェがありまして。

 

dscf3648-600x400

 

その名は、cafe copain (カフェコパン)。

copain とはフランス語で仲間という意味。手伝ってくれる友人がいたから店を始められたという想いを店名にしたそうです。

店主の高橋幸子さんが毎日作るパンと、千葉県にある柴海農園から直送の有機野菜を使った料理がメイン。

 

パン作りが大好きで、「好きなことをやってみたら」という家族の後押しもあり、店を開いたという高橋さん。

「こねたり、成型したり、生地をさわっているのが好きなんです」

 

dscf3705-600x400

 

その日の天候や湿度によって発酵する時間が変わるので、気をつけないと膨らみすぎたり、成型がうまくいかないことも。

「お客様に失礼なものは出したくない」と、出来上がりが気にいらないものは、破棄しちゃうそう。

だからお店に並ぶのは、自信作ばかり。味はもちろん、見た目もキュート♡

 

dscf2963-600x400

 

どんなパンが並んでいるかは、その日、その時のお楽しみ。

 

dscf3651-600x400

 

「卵を使わず作るので、アレルギーのある人も安心してどうぞ」だそうですよ~。

 

 

 

きっかけは、この建物

1951年に住居として建てられた2階建ての長屋から、倉庫として改装し使われた後、空き家状態だったこの建物に一目ぼれ。

所有者を探しあて、交渉し、カフェに改装したそうです。

 

dscf3686-600x400

 

「この建物との出会いが店を始めるきっかけ。店をやるならここしかないって思いました」

 

dscf3679-600x397

 

改装は必要最小限。倉庫として使われた当時の、壁はもちろん、吹き抜けにした天井や梁はそのまんま。

 

灯り取りのような上部の窓は、2階建ての長屋だった当時の掃き出し窓。

 

dscf3685-600x400

 

むき出しになった天井裏だってご覧の通り。倉庫のときのまま。

 

dscf3684-600x400

 

壁面下部のコンクリート壁は、なんと、かつての堤防!

 

dscf3680-600x394

 

ただ古いというだけでなく、とてもユニーク。建築家や、そのタマゴである学生さんも見学がてら、よく訪れるそうです。

 

 

もちろん、ここはカフェですから、お料理やドリンクを楽しみましょう♪

 

dscf3656-600x400

 

ケーキセット(800円)をオーダーすることに。

 

dscf3657-600x400

 

手づくりスイーツの中からリンゴのケーキを選びました。

 

dscf3689-600x400

 

角切りにした青森産のリンゴを、レモンを入れたシロップで煮込み、全粒粉と薄力粉を混ぜた生地で包んで焼いています。

 

dscf3692-600x400

 

添えられているのは、マロンクリーム。季節によって、レモンクリームやカスタードクリームに変わるそう。

サクサクっとした生地、食感シャキシャキの角切りリンゴ、栗の味濃いマロンクリーム、この組み合わせ、感動ものです!

高橋さんがあまり好きではないという理由で、バターも生クリームも使っていないとのこと。

だからパイに比べると、カロリー控えめなのではないかしらん。

 

 

建物に魅せられ、スイーツでお腹もココロも大満足。

今度はランチ、食べに来ようっと♪

たくさんの種類が入った柴海農園のサラダセット、買って帰りました~。

 

img_1858-400x600

 

 

※本文中の情報は2016年11月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/