清澄白河の新名物!? モチモチ感が半端ない黒蜜タピオカミルクティ

タピオカ再ブームの昨今。
清澄白河にも待望のタピオカミルクティのお店ができましたよ♪

 

今年9月、深川資料館通りから小道を入った場所にオープンした

 

 

Café&Bar SHIRO

 

△ブルー&白のコントラストが目を引くキュートな外観♪

 

△店内もワンちゃんOK!お水のサービスありますよ~

 

こちらの大粒タピオカは、希少な北海道産。

「安全性も考慮して国産のものを探しました。生の真空パックの状態で仕入れることができるので、乾燥タピオカよりモチモチ感が強いのが特徴です」とオーナーの齋藤さん。

 

 

 

早速「黒蜜タピオカミルクティ」450円をいただいてみると…。茶葉のコクがしっかり感じられるミルクティのなかに、大粒のタピオカがたっぷり。

 

あのモチモチ感をだすには、茹で加減が難しく手間もかかるのですが、こちらのタピオカはコシのある絶妙のモチモチ感!

 

ほんのりと感じる和テイストは「日本らしさを出したくて、茹でたタピオカを黒蜜に浸けてるんですよ」とのこと。

 

実は東南アジアに長く暮らし、常夏の国の極甘タピオカミルクティを愛飲していたことみせスタッフ。それと比べると、こちらのは日本仕様の繊細な味。控えめな甘さとふわっと感じる黒蜜の風味が絶妙です。

 

本場台湾のお客様も「本国のものよりおいしい」と絶賛されたのだとか。

 

 

キレイなグリーンのカップは「黒蜜タピオカメロンミルク」450円。

昔純喫茶にあったメロンミルクのような、懐かしい味です。

 

「近所の方や幅広い年代の方に気軽に来ていただける憩いの場にしたくて」と、今後もノスタルジックなフレーバーが登場予定だそう。これからの季節は、ホットタピオカミルクティもおすすめ。

 

テイクアウトもOKなので、清澄白河散策の際にぜひ。

 

タピオカにきな粉をトッピングした「黒蜜タピオカきな粉」300円(税込)もありますよ。くずもちのような上品で優雅な味わいです♡

 

 

フードメニューも秀逸です

 

 

さて、タピオカにフォーカスしましたが、こちらあくまでカフェ&バー。洋食出身のベテランシェフが作る料理も秀逸です。

 

△「ミートソースパスタ」600円(税込)。コク深い自家製ソースが美味!

 

ランチはカレーやパスタ、サンドイッチ、ディナーはステーキやお酒が進むタパスや創作居酒屋メニューも揃っています。

 

△「ビーフカレー」600円(税込)。柔らかく煮込まれた牛肉がゴロゴロ!

 

スイーツ好きのオーナーが名だたるパティスリーを食べ歩いて吟味したチーズケーキやアップルパイも。

 

 

 

 

 

 

お酒ももちろん充実。
強炭酸マシーンで作る炭酸水を使った「角ハイボール」に、カールスバーグの生、そしてソムリエ厳選の個性派ワインは、なんとボトル1,980円から。

 

 

昼も夜も、バータイムも。

 

 

プロジェクターもあり、貸切パーティやスペース貸しもOK!

 

間もなく訪れるホリデーシーズン、クリスマスや忘年会、新年会に活躍してくれそうです。予算に応じてパーティメニューをアレンジしてくれますよ。

 

タピオカミルクティの名店は、様々なシーンで使い勝手抜群の、懐の深い1軒でもありました!

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/