hotel 旅館・ホテル restaurant_menu ダイニングバー restaurant_menu カフェ

MOON STATION HOTEL TOKYO(ムーンステイションホテルトウキョウ)

place西大島駅A3出口から徒歩1分

まるで宇宙ステーション?食事もおいしい駅近ホテル

公開日:2021年6月25日

コンセプトは宇宙ステーション

脱・日常、そんな気分になれるのが、西大島駅A3出口を出てすぐの場所にある「MOON STATION HOTEL TOKYO」。

この奥に入口があります。

 

宇宙ステーションをコンセプトにした個性的なカプセルホテルで、宿泊者以外も利用できるカフェを併設。全館キャッシュレス対応、フリーWi-Fiでネット環境も充実。ホテルの母体が旅行会社ということもあり、観光案内にも特化しています。

 

24時間営業!ヴィーガン料理もあるカフェレストラン

ホテル客室内の様子は後ほどご紹介することとし、まずは24時間誰もが利用できるカフェ「MOON Café(ムーンカフェ)」をご紹介します。

 

Wi-Fiはもちろんプロジェクターも無料で使え、レンタルスペースとして会議やイベントでの利用もできる、使い勝手の良いカフェなんです。

 

メニューは、ドリンク400円から、フード500円から。

こちらは定番の甘口「オリジナルカレー」。中辛の「スパイスカレー」もあってどちらも600円(税込)。

 

星型に切り抜いたチーズをカレーにトッピングした「チーズのせ」は700円(税込)。

 

「ヴィーガンの方にもおいしい料理を」ということで、動物由来の食品を使わないヴィーガン料理を2021年4月からメニューに加えたそうです。

 

こちらは、肉に代わり大豆ミートを使った「照り焼き丼」950円(税込)。

 

数種類の野菜と大豆ミートで仕上げた「キーマカレー」は850円(税込)。

 

その他にもビーンズカレーやほうれん草カレーなどのヴィーガン料理がラインナップ。

 

料理はどれもテイクアウトOK。ご近所の方、おうちや職場でいかがでしょうか。

 

△スタッフの川間淳(じゅん)さん。

また、カフェで飲食のオーダーをすれば、電源完備のフリースペースの利用もOK。リモートワークにもおすすめです。

 

 

宇宙ステーションをイメージした個性的なカプセルホテル

宿泊費1泊税込み2,000円から(時期によって変わります)。フリースペースもあり、出張やリモートワーク、家族旅行、ひとり旅など、インバウンドだけでなく様々な目的で利用しやすいこちらのホテルをご紹介します。

 

NASAの宇宙服のレプリカが1階フロント前でお出迎え。

 

奥には、特注のカプセル型ベッドがサンプルとしてディスプレイ。低反発素材の敷布団と枕で、寝心地の良さは抜群です。

 

「Good!!」ことみせ英語記事ライターのスティーブンさん。

 

マネージャーの大西素子さんにホテル内を案内していただきました。宇宙ステーションがコンセプトとあって、それらしく作りこまれたエレベーターにもわくわくしちゃいます!

 

2階客室フロアでエレベーターを降りると、広々した共有のフリースペースが。ここを境に向かって左に女性専用、右に男性専用の客室やトイレ、シャワールームがあります。

 

客室エリアには、縦型、横型、シングル、ダブルから選べるカプセルタイプのベッドがなんと180台!

 

室内に空調や加湿器、空気清浄機を完備。各個室にはファンもあり、快適に過ごせる空間になっているそうです。

 

一番数が多く宿泊費がお安いのはこちらの縦型シングルタイプで、サイズは幅86センチ、長さ197センチ。

 

ゆったりとした横型ダブルタイプは、大人1名と6歳から12歳までのお子さん1名が一緒に宿泊できるそう。※5歳以下のお子さんはこちらのホテルに宿泊できません。

 

ここは宿泊者が無料で利用できるシャワールーム。

 

石鹸、シャンプーやコンディショナー、歯ブラシ、ひげそり、コットンなどのアメニティーも完備。タオル類も無料で使えるというコスパの良さは驚きです!

 

泊まるも良し、食事も良しの、個性的で快適な「MOON STATION HOTEL TOKYO」。ぜひ利用してみてはいかがでしょう。脱・日常できますよ!

 

 

※記事の内容は2021年6月時点での情報です。最新の情報は直接お問い合わせください。

 

keyboard_arrow_up