ワンダールームへようこそ!世界観を可視化するインテリアデザイン事務所

門前仲町にあるインテリアデザイン事務所

門前仲町エリアに素敵なインテリアデザイン事務所があると聞き、ワクワクしながら「WONDEROOM」を訪れました。

 

場所はアパートの1階。ここで良いのかな?とドキドキしつつ扉を開けると、とってもおしゃれな空間が出現!

 

 

 

壁に、「WONDERCAFE」と書かれたメニュー表を発見!

 

 

「あれ、ここってデザイン事務所ですよね?」と WONDEROOM 代表の鈴木宏さんに尋ねると「くつろぎながら話せる場所にしたくて、カフェのような世界観のオフィスにしたんです(笑)。何かオーダーされますか?」とのお返事が。

 

メニュー表に書かれているドリンクはすべて0円。来ていただいたお客様へお出ししているそうです。さすが、デザインを専門にしている人は考えることもおしゃれですね!

 

遠慮なくオーダーした紅茶をいただきながらお話を伺いました。

 

 

「世界観」や「らしさ」を大切にしたデザイン

「リノベーションや、インテリアコーディネートなど、幅広くデザインの仕事を行っています」と、鈴木さんが見せてくれたのが以下の写真。

 

 

どれも印象が異なる洗練された素敵なお部屋ばかり。

 

▲before↔after

 

「『インテリアコーディネートをしています』『リノベーションをしています』など、仕事の幅を限定してしまう言い方はあまり好きではなくて…。

内装やインテリアを考えるだけでなく、お店やお客様の『世界観』、『らしさ』を表現することを重視して仕事をしています」とのこと。

 

「だから名刺やお店のロゴも作っています」とサンプルも見せていただきました。

 

インテリアに限らずさまざまな要望に対応してくれるようです。

 

 

ひとり一人のワンダールームを目指して

お店にはウサギの絵や置物が多く、その理由を伺うと・・・

「WONDEROOMは、時計を持ったウサギが出てくる有名な物語をモチーフにしています。だから名前も (不思議の国wonderlandをもじって)“WONDEROOM”にしました」と鈴木さん。

 

 

名刺の裏にはウサギが扉に入っていくイラストと、「INTO THE WONDEROOM 」という文字。“その人だけのワンダールームへ”という意味が込めているのだそう。

 

「こだわりを持った人こそ来てほしい」と鈴木さん。

 

「こんな世界観のお店にしたい!こんな家に住みたい!という熱量がある方が来てほしいです。安く済ませることも可能ですし、実際、他業者さんよりも安く引き受けていると思います。逆にこだわりがあれば予算が少なくてもいいんです。こだわりを持って一緒にデザインを楽しんでくれる人だったらうれしいです」

 

「何にこだわればいいか分からない人は“何にこだわればいいか”から一緒に考えています」とのこと。頼りになります!

 

 

WONDEROOM のSNSには、これから作る予定の部屋のイラストや、実際に完成した際の写真などを掲載しているそうなので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

 

 

※本文中の情報は2019年9月時点のものです

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/