小高いのにはワケがある

森下駅から新大橋を東に行くと

ほんのちょっと小高くなるところがありまして。

なんでもかつては「五間堀」というお堀で、

そこに架かっていた「伊予橋」って名の橋の名残なんだとか。

実は江戸期にここに在ったのは、大久保豊後守の下屋敷!

食料や水なんぞを備蓄する「倉庫」的なものだったそう。

物資を運び入れるために堀が必要だった、というわけ。

なんともスケールの大きい!

 

DSCF1674 (600x400)

 

その面影は、今はこの公衆トイレの壁面だけ。

なんだかすごいところにトイレがあるんだなぁ。

この他にも、ことみせの記者が街で見つけたウワサが盛りだくさん。
ことみせウワサをもっと見ちゃう・・・?
↓↓

https://kotomise.jp/uwasa/