老人ホーム相談でよく聞かれます。

ことみせ記事を読む

こんにちは、相談員 浅野です。

江東区亀戸駅北口 ミスタードーナツさん隣で老人ホームを無料で案内、紹介しています。

介護相談からホーム提案、案内、見学同行、契約立会、入居後の相談まで幅広くしています。

何なりとご相談下さいませ。

特別養護老人ホームと有料老人ホームって何が違うの?

・運営母体と費用の違い

特養は社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設になります。
そのため、特養には多くの補助金が投入されており、利用料金は有料老人ホームと比べてかなり安くなる場合が多いです。
「公営だから信用もあるし、月々の利用料金も安い」という理由で、特養を探す高齢者ご家族が多いですが、
希望したからと言ってすぐに入居できるわけではありません。常に入居希望者が殺到している状態であり、
入居待ちが全国で50万人とも言われ、入居まで数年以上かかるケースも珍しくありません。

それに対して、有料老人ホームは民間の企業が運営しています。
そのため、利用料金は経営者が独自に決めることになるので、かなりのばらつきがあります。
入居一時金として数千万円必要な施設もあれば、入居金額が無料の施設もあります。
特養に比べると利用金額が高額であるため、入居もスムーズに行く事が多いです。

・対象者の違い

「特別養護老人ホーム」
特養では要介護度が3以上でないと一般的に入居することはできません。
65歳以上で、常に介護が必要な状態の人、自宅での介護が困難な人が対象で、
寝たきりや比較的重度の認知症など、緊急性の高い人が優先的に入居できます。

「有料老人ホーム」
有料老人ホームでは施設のタイプによって、対象者が異なります。

・介護付有料老人ホームでは、主に要介護度者を対象としており、
要支援の方や自立の方は利用できない可能性もあります。

・住宅型有料老人ホームでは、主に要介護度が軽度者を対象としています。
施設に生活支援のサービスがついていますが、入居者に大きな介護が必要になった場合は、
訪問介護等のサービスを利用して入居を継続することができます。

特養は一言で言うと、要介護度が高い人が利用する施設。
有料老人ホームは、自立から要支援・要介護の方が入居できる施設になります。

今回のご案内は、老人ホームに関してほんの少しです。
もう少し知りたい方は、老人ホームつなぐ人へ。

 

 

ことみせ記事を読む