熊野を描こう作品展

ことみせ記事を読む

西村伊作顕彰事業「熊野を描こう作品展」
Nishimura Isaku Awards Ploject ‘Painting Kumano Exhibition’

西村伊作顕彰事業「熊野を描こう作品展」

和歌山県新宮市は西村伊作の功績を支え、熊野芸術文化セミナーを毎年開催。
講師として文化学院卒業から美術家専任講師を務めた上野秀一氏(日本美術家連盟会員)を招き、地元の文化活動を支援しています。

今回の作品展では上野氏の指導の下、西村伊作顕彰事業の一環とし、熊野芸術文化セミナー、地元小中学生による熊野をテーマにした作品、西村伊作の残した一部の作品資料により行われます。

ぜひ、会場にお出かけくださいますよう、ご案内申し上げます。

新宮市教育委員会 熊野芸術文化セミナー

2019年10月20日(日)~10月26日(土) 11:00~19:00
*初日 13:00~/*最終日 16:00まで
*10月25日(金)休廊

【西村伊作 プロフィール】

1884年 和歌山市新宮市生まれ。
日本の教育者であり、大正、昭和を代表する文化人。
御茶ノ水駿河台に「文化学院」を創立。
建築家、画家、陶芸家、詩人として、多くの文化、芸術家との交流も深く、1963年の没後も伊作の功績は各界から広く支持されている。

和歌山県新宮市では現在、国の重要文化財である西村記念館の修復工事が行われている。

重要文化財になっている、旧西村家(西村記念館)ホームページ

ことみせ記事を読む