イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。
2015年1月31日 - 2015年3月1日

「 – 0 + 」 井上実・荻野僚介・烏山秀直・山極満博による”見ること”の展示

開始日時:
2015年1月31日
終了日時:
2015年3月1日
開催場所:
EARTH+GALLERY
住所:
江東区木場3-18-17
+ Googleマップ
展覧会名:「 – 0 + 」
出品作家:井上実・荻野僚介・烏山秀直・山極満博

会期: 2015 年 1 月 31 日(土)‒ 3 月1日(日)

時間: 11:00 ~ 19:00 (月曜休廊) ※最終日は17:00まで
入場: 無料
会場: 〒135-0042 東京都江東区木場 3-18-17 2F gallery COEXIST-TOKYO

オープニング・レセプション 1月31日(土)18:00〜 ※皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

トークイベント 2月15日(日)15:00〜 出品作家+三菱一号館美術館学芸員の野口玲一をお招きしてトークイベントを開催します。※参加費500円(1drink付き)
_____________________________________
この度 gallery COEXIST-TOKYO では、井上実(いのうえ・みのる)、荻野僚介(おぎの・りょうすけ)、烏山秀直(からすやま・ ひでただ)、山極満博(やまぎわ・みつひろ)4人による絵画展を開催する運びとなりました。
初期ルネサンスの人文主義者レオン・バッティスタ・アルベルティは絵画を「開かれた窓」と考えました。絵画は、開かれた窓を通して見た世界を描写したものだ、と。
つまり、絵画は現実空間に現出した四角く仕切られた異空間と言い換える事ができるのではないでしょうか。
本展は、絵という作られた世界を、虚の中で終わらせてしまうのではなく、空間と関わらせ、絵画の枠(キャンバスという支持体がどう変化するかを探るというものです。
「窓」としての絵画にあえて物質としての側面を顕在化させることにより見えてくるものは何か。ぜひご高覧ください。
 
+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
gallery COEXIST-TOKYO
〒135-0042
江東区木場3-18-17 2F3-18-17 Kiba Kouto-ku
135-0042 TOKYO JAPAN
株式会社ZEエナジー
ZE Energy Inc.

TEL/FAX 03-5809-9949
info@coexist-tokyo.com
http://www.coexist-tokyo.com

 

 

 

- 0 + ver2 (756x532)