shopping_cart 和菓子

山長(ヤマチョウ)

place亀戸駅北口から徒歩8分

亀戸名物!もっちり柔らかな焼きだんごの老舗

公開日:2023年1月13日

突然ですが、クイズを一つ。

 

さて、下の写真はどこでしょう?

 

ピンポ〜ン! 正解です!!

 

江東区亀戸、「亀戸香取神社」の参道入口を蔵前通り方向から撮影した写真です。

そして、大きな鳥居の横に見える緑色の建物が、「焼きだんご」で有名な

和菓子店 山長 (やまちょう)

 

そうです。今回は、山長の名物「焼きだんご」の魅力に迫ります!

 

 

ツヤツヤもちもち!創業以来の人気商品

地元の人はもちろん、香取神社へお参りに行った人の「亀戸みやげ」としても知られる、山長の「焼きだんご」(130円)。

 

昭和30年の創業以来、職人さんたちが上新粉をうすでついて、ちぎって、丸めて、串にさして、焼いて…という地道な作業を繰り返し、丹精込めて作り上げた代物です。

 

だから、おいしい! あのもちもち、柔らかな食感は、「できるだけ作り置きしない」という信条を大切にしているから。

 

「遠方からはるばる買いに来てくれる常連さんもいらっしゃいます。ありがたいですね」と3代目店主の長束光芳さん。平日でも1日100本は売れるそう。

 

梅まつりには、「山長の梅大福」

亀戸天神にも近い山長では、梅大福(200円)も人気。

「毎年2〜3月頃の梅まつりシーズンには特によく売れます」と長束さん。

 

求肥の中には大きな梅の甘露煮が丸ごと! あんこの甘さと梅のすっぱさが絶妙なハーモニーを奏で、クセになりそうなおいしさです。

 

30年以上前から販売しているといういちご大福。

「今じゃどこでも買えるようになりましたが、当時はいちご大福を売っている店ってそんなになかったんですよ」

 

つぶあんの入った、いちご大福(200円)は11~5月の季節商品。後ろは子どもに人気だという、紅白すあま(各130円)。

 

餅菓子やだんごに定評のあるこちらでは、お餅も人気商品。切のし餅は通年販売中です。

 

月曜日はことみせくーぽんで「焼きだんご1本10円引き」

ぜひお買い求めください!

 

 

※本文中の情報は2023年1月時点のもので、表示価格は税込みです。

山長 の近くのお店

shopping_cart精肉

shopping_cart総菜・弁当

shopping_cartその他加工食品

keyboard_arrow_up