江東区佐賀で老舗米屋が作る、愛情たっぷりおにぎり弁当

創業は明治36年!

江東区佐賀の老舗の米屋

 

 

吉野商店のおにぎり弁当500円が、おいしすぎる!

 

朝6時から、お母さん、吉野ゆき子さんが手作りする愛情弁当。

 

 

おにぎり2つ(好きな味を選べる)と

 

 

おかず(何種類もある)と

 

 

みそ汁ついて、500円!

 

 

すぐなくなっちゃうので、お早めに!

 

 

 

お米は、特Aランクを日替わりで

 

この日のお米は、長野県産「幻の米」。

 

 

新潟県魚沼と隣接する北信州のお米。

森から湧き出す清流で育てたコシヒカリです。

 

 

 

お米はガス釜で炊きます。

「愛情を込めて炊いてあげてね」とゆき子さん。

大切なのは、正確な計量と浸水。冬場は30分以上浸水させて。

 

「お米がごはんになる準備をするの。耳を澄ますと、水を吸う音が聞こえるよ」

 

 

炊き上がったお米は、飯台で65℃まで冷まします。こうすることで、ギュッと握り込まない、一粒一粒が感じられる、ふんわりしたおにぎりを作れるそう。

 

▼みて! お米の粒が潰れていないでしょ?

 

 

お味は、自家製梅干し、シャケ、たらこ、昆布、おかか、ツナマヨ。

 

この日は、深川あさり飯も。

 

 

 

一番人気の自家製梅干しは、ゆき子さんのお母さん(92歳・鹿児島在住)の手作り。これを丸ごと入れます。

 

 

海苔をふわっと巻き、ラップで包む時もふわっと空気を入れて。

「少しでもおいしく食べてほしいから」

一つ一つの作業に、愛がこもっているんだよなあ。

 

 

おかずも充実!

 

甘じょっぱい玉子焼きに、ヒレカツ、この日の副菜は、ひじき。レモンが爽やか!

 

 

春巻き、唐揚げ、シャケ、こっそりメニューでエビフライも。全部ゆき子さんの手作りです。

 

 

 

11:30「お馬の親子」をBGMに、お弁当販売のアナウンスが。

 

近隣の会社員やタクシーの運転手、主婦や親子連れまで、いろいろな人がやってきます。「今日はどれにしようかな〜」と、みんなうれしそう。

次から次へと売れるので、おにぎりを握り続けるゆき子さん。

 

 

「温かくおいしく食べてほしいからね」

 

食べる人を想像しながら、手作りする姿に
愛をいっぱい感じました。

 

 

 

持ち帰ったお弁当は、心に染み渡るおいしさでした。

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/