見どころいっぱい! 50周年記念公演「白鳥の湖」

1968年設立、今年で50周年を迎える

 

東京シティ・バレエ団(TCB)

 

実は江東区と芸術提携しているバレエ団ということをご存知でしょうか。

 

区をあげて芸術に力を注いでいる江東区と、「Ballet for everyone~バレエの楽しさと豊かさを、すべての人と分かち合う~」を理念とするTCBが提携したのは1994年。

 

 

それ以来、ティアラこうとうや、豊洲シビックセンターホールでの公演のほか、区内の小学校でアウトリーチ(出張授業)を行ったり、高齢者の生涯学習で講座を開催するなど、バレエの魅力をより多くの人に伝えるべく、地域に根差した活動を行っています。

 

「バレエは『目で見る音楽』『動く絵画』ともいわれ、踊りだけではなく、音楽や美術も包括する総合芸術。音楽好きな方、美術好きな方…、多くの方に楽しんでもらえると思います。ハードルが高いと思われがちですが、堅苦しく考えず、気軽に足を運んでいただけたら嬉しいです」と、理事長で芸術監督の安達悦子さん。

 

△プリマとして活躍し、現在はTCBの芸術監督を務める安達さん。

国内外のバレエコンクールの審査員も多数務め、献身的なバレエ教育を行っています

 

 

その一環として、年4回の定期公演のうち、5月公演では、ホームシアターのティアラこうとうと協力し、毎回ユニークなコラボレーション企画を実施。昨年は「落語×バレエ」、今年は「声優×バレエ」を企画し、これまでバレエを観たことがないという人にもファン層を広げています。

 

また、昨年から9月には、お子さまからバレエを初めて体験する方まで楽しめるイベントが盛りだくさんの「ティアラ・バレエデイズ」を開催。詳細はWEBサイトをご覧くださいね。

 

 

そんな、地域社会に根差した活動を行いながら、古典バレエと創作バレエを2つの車輪として培ってきたTCBの歴史と伝統。

 

その集大成が、3月3日・4日・6日に上演する、創立50周年記念公演「白鳥の湖」です。

 

 

これは見るべき!「白鳥の湖~大いなる愛の賛歌~」

 

あまりにも有名なチャイコフスキーのバレエ音楽。TCBでもこれまで数えきれないほど公演を行ってきた作品ですが、今回の公演にはこれまでにない見どころが満載!

 

△本番に向けて毎日練習を重ねる団員たち。指導者も団員も一瞬一瞬が真剣勝負です

 

 

★エコール・ド・パリの寵児、藤田嗣治の幻の舞台美術を製作

ピカソと同時代にパリ画壇で脚光を浴びた画家・藤田嗣治。日本で初めて白鳥の湖が上演された1946年、藤田がデッサンしたものの、戦後の物資不足から完全には実現しなかった舞台美術が、新製作で蘇ります!

 

★指揮は世界を舞台に活躍する大野和士氏

ヨーロッパ各国の楽団で首席指揮者や音楽監督を務めるなど華麗な経歴を持つ大野氏。今年9月より新国立劇場のオペラ芸術監督に就任予定の同氏が、東京都交響楽団を率いてタクトを振ります!

 

★TCBならではの世界観

「時代にあった内容にブラッシュアップされていくのが古典バレエの面白いところ」(安達さん)と、創立メンバーの一人で、今は亡き演出振付家・石田種生氏の教えを大切にしつつ、現在のTCBならではの演出・振付で、ベルリン国立バレエ団よりゲストダンサー2名を迎えての公演。

 

TCBの50年の歴史と伝統×藤田嗣治の舞台美術×大野和士氏の音楽が織りなす夢の世界が堪能できます♡

 

 

ちなみに、バレエ団ごとに作品の解釈も異なり、白鳥の湖はハッピーエンドの場合もあれば悲劇の物語として幕が下りる場合もあるそうですが、そこもバレエ鑑賞の醍醐味。

 

さて、TCBの白鳥の湖はどんなエンディングが待ち受けているのでしょう?

 

場所は上野公園にある東京文化会館大ホール。
日によってはまだ座席は残っていますよ~。

 

詳細はこちらをチェックしてくださいね☆

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

中学生レポート その1

※この記事は江東区立深川第四中学校の生徒が、ことみせ事務局での職場体験学習中に取材し書いたものです。

 

体で表現する総合芸術

 

今回、お邪魔させていただいたのは、住吉を本拠地として活動している東京シティ・バレエ団!

 

 

東京シティ・バレエ団は創立50周年の歴史あるバレエ団です。ティアラこうとうで、年4回の公演が行われています。

 

 

中でも、5月の公演は毎回いろいろなものとコラボしています。昨年は落語、今年は声優さんとのコラボをするなど、異色のコラボも楽しめます。

 

 

また、江東区内の小学生にバレエを教えるアウトリーチの活動も行っているそうです。私の通っていた小学校にも来て下さり、バレエの良さや美しさを知れたことを覚えています。

 

 

ところで、この上の写真、何の練習風景か分かりますか?

正解は、東京シティバレエ団創立50周年記念で3月3日、4日、6日に公演される白鳥の湖です。白鳥の湖は、1946年に初めて日本で公演され、その結末にはハッピーエンドとバッドエンド(※)があります。ちなみに、東京シティバレエ団での公演はハッピーエンドで終わるそうです。

※代表的なエンディングは、悪魔を倒した後、オデットの呪いが解けて人間の姿に甦り王子と結ばれる結末と、呪いは解けず絶望のままに湖に身を投げた二人が天国で結ばれる結末。(東京シティ・バレエ団より)

 

 

先生からの厳しい指導のもと、ダンサーは一生懸命に練習していました。その表情は、まさに真剣そのものでした。

 

 

そんな50周年公演の見どころは、総合芸術を体を使って表現するところだそうです。

 

 

江東区と芸術の提携をしている東京シティ・バレエ団。食わず嫌いのようになるのではなく、気軽に見に行ってみるといいと思います。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

中学生レポート その2

※この記事は江東区立深川第四中学校の生徒が、ことみせ事務局での職場体験学習中に取材し書いたものです。

 

一糸乱れぬ美しさがそこに、、、!!

 

オーディションで選び抜かれたプロのバレリーナたちが所属している東京シティ・バレエ団。

 

 

今年で創立50周年! 記念として、あの有名な「白鳥の湖」を東京文化会館で公演します。

 

「白鳥の湖」は結末が2パターンあります。ハッピーエンドかバットエンド、どちらになるかはお楽しみ、、、。

 

 

バレエはあまり身近ではないと感じるかもしれませんが、なんと最近では落語とコラボしたり、あの有名なアニメ、ラブライブの声優さんともコラボするという新しい試みを入れています!私はアニメの声優が好きなので、これを知ってバレエに興味深々!!

 

他にも「アウトリーチ」や、学校でのバレエ公演をしたりと、多くの人たちに「バレエって楽しいなぁ」「興味がわいた」という感情をもってもらう活動もしています。

 

私が取材して印象に残ったのはバレリーナさんの足の長細さ! バレエの先生に尋ねてみると、食事は栄養が大切で食べ過ぎず、痩せすぎず自分の体形を維持しているそうです。

 

 

 

 

プロというだけあって練習時間はとても長く、バレエの先生も厳しい。それでも諦めずに練習に取り組むバレリーナの方たちはすごいと思いました。

 

 

 

 

全員が一糸乱れぬ動きで踊っていて美しい!! こんなスリムでかろやかな体になりたいなぁ~。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

中学生レポート その3

※この記事は江東区立深川第四中学校の生徒が、ことみせ事務局での職場体験学習中に取材し書いたものです。

 

華やかな踊りに魅了される!!

 

東京シティ・バレエ団にお邪魔させていただきました!

 

 

指先までピンと伸びていて美しいです!

 

 

皆さんの揃った動きには見入ってしまいます!東京シティ・バレエ団は3月に50周年を記念して「白鳥の湖」を公演するのです!!振付家の先生は「バレエは音楽と美術と踊りの総合芸術なんです」とおっしゃっていました!

 

 

なんといっても「白鳥の湖」はとても有名な楽曲ですよね。「白鳥の湖」のストーリーには解釈の違いがあるそうで、大きく分けて、ハッピーエンドとバッドエンドの2つがあるようです!ちなみに、東京シティ・バレエ団が公演するのはハッピーエンドの方ですよ♪

 

 

ところで皆さん、ここまで優雅で煌びやかだと敷居が高そうな感じがしませんか?でも心配はいりません!東京シティ・バレエ団は、バレエをもっと身近なものにするための活動をしていて、アウトリーチ、落語とのコラボや声優さんとのコラボ、イベントで衣装を着てみる体験なども行っているのです!!

 

 

そして、やっぱり気になるのは、このすばらしいスタイルの維持の仕方ですよね!!聞いてみたところ、栄養を取り、体を回復させるものを食べるのが大切なのだそうで!さらに、お菓子などは控えて、一日のトレーニングの量に対応できるような持久力のある体を作るそうです。

 

 

わたし、今までバレエを見たことはありませんでしたが本番を見たくなりました!バレエは昔よりずっと身近なものになり、気軽に触れられるようになっていました!この機会に是非バレエを見てみてください!

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

ダンサーがカッコよすぎてシビれる!!

 

ことみせスタッフ、夢の国にいます

 

カワイイです!

 

IMG_6745 (600x439)

 

スラっとしたキレイな人がいっぱいです!

 

IMG_6763 (400x286)

 

 

美しいです!!目の保養です!!

 

IMG_6779 (500x377)

 

 

 

イケメンもいっぱいです!!

 

IMG_6791 (500x464)

 

IMG_6786 (500x373)

 

 

そう、ここは、イケメンと美女の国・・・

 

 

ではなく、、、東京シティ・バレエ団です。
(失礼しました〜。だってホントにみんな美形なんですもん!!)

 

 

リハーサル風景を見学中!!

2015年2月14日〜15日に開催される、「TOKYO CITY BALLET LIVE 2015」

の演目の1つ、「死と乙女」のリハーサルを特別に取材で見学させてもらいました。

 

 

 

振付家のレオ・ムジック氏と、振付助手のイリア・ロウエンさん。
(すごいオーラのお2人です!)

 

IMG_6730 (500x333)

 

 

実際に振りを見せながらダンサーに指導!

 

IMG_6715 (500x333)

 

 

本当に怒号が飛びます。

「真似でも、理解するのでもどっちでもいいから、結果を出して!」

なんて言われています。

 

そしてそこに立ち向かうダンサーたちの姿

 

IMG_6720 (500x332)

 

誰もかれもが、本気! 本気と書いて「マジ」と読みたいくらい本気です。

 

IMG_6752 (500x370)

 

 

バレエってピチピチのタイツやフリフリのチュチュを着て踊る優雅な踊り・・・

と思ってるアナタ!!

違います!!すごい迫力です!!

 

IMG_6749 (500x340)

 

鍛え上げられた体でのみ可能な表現の世界・・・

 

 

IMG_6771 (500x343)

 

 

 

「どこが悪かったの?」

一生懸命、尋ねるダンサーの姿に、なぜか胸に熱いものがこみ上げてきました。

 

IMG_6748 (600x400)

 

 

総合芸術、伝統、、

難しいことはさておき、わたし、本番を見たくなりました!

 

 

マニアじゃなくても、バレエ経験者じゃなくても、バレエを鑑賞しに行ってもいいんですよね!

 

 

IMG_6741 (500x350)

 

 

だって、東京シティ・バレエ団のビジョンは、

 

「Ballet for Everyone」

バレエの楽しさと豊さを、すべての人と分かち合う

なんですから!!

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/