これぞ王道!江東区西大島の純喫茶でチョコレートパフェ!

昭和な雰囲気が好き、レトロっぽいのが好き。

そんな人にぜひご紹介したい!

 

江東区西大島の純喫茶ヤング

 

 

創業は、昭和44年。

大きなシャンデリアのきらめく空間に、使い込まれた焦げ茶色のソファと、大理石風のテーブル。

 

昼時には、早くて安くておいしい定番のランチを求めて、近隣のビジネスパーソンや、おなじみさんが、思い思いの時間を過ごしています。

居心地の良さも魅力のこの店で、ぜひいただきたいのが、こちら!

 

チョコレートパフェ!

 

コンビニスイーツの新作が続々と登場し、ファミレスでも小洒落たパフェが手軽に食べられる現代。 でもね。純喫茶ヤングのパフェは、ちょっと特別。昔のまんま、変わらないんです。ずっと同じレシピで作られているんです。

 

 

クリームソーダと並べると、レトロ感が増してたまらない・・・

 

40代のことみせスタッフ

幼き頃、パフェなんて、食べさせてもらえませんでしたよ。

ましては、純喫茶のパフェなんて、高嶺の花。

店頭のサンプルをうっとり眺めていましたっけ。

下の方に緑のシロップの入った鮮やかなフルーツパフェとか、

横長のお皿に盛られたプリンアラモードとか!

やっぱり、チョコレートパフェがいいなあ、なんて、妄想に耽っていました。

 

大人になった今!

あの頃の思いを果たしてやるのだ!

 

 

「マスター、チョコレートパフェ、ください!」

 

マスターが笑顔で運んでくれたチョコレートパフェを前にして・・

 

ドキドキ。

 

ドキドキ。

 

ドキドキ。

 

いざ。

 

 

……昇天! ああ!

 

天を仰げば、そこに輝くシャンデリア。

 

そう、このシャンデリアの下で食べてみたかったの。

 

 

缶詰のみかんの上に、チョコレートソース、チョコレートアイス、バニラアイスを重ね、たっぷりの生クリームをもりもりっと。さらにチョコソースをたっぷりかけて。コーンフレークを入れない、創業以来変わらぬ味。

 

▲ちらりと見えるミカンがかわいい!

 

甘い。

甘いです。

みかんの酸味がさっぱり感を運んできて、優しい。おいしい……。

これが・・これが・・憧れの味だったんだ(しみじみ)。

 

まるでタイムスリップしたような、昭和が残る空間で過ごした甘いひととき。

純喫茶ヤングのパフェには、あの頃の憧れが詰まっていたのでした。

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/