そば屋の三代目が築いた新しい味、受け継がれる心

老舗そば屋に新しい風を

 

南砂1丁目にある「食事・そば処 三船屋」

まぎれもなく、このお店はそば屋が下地にあるお店。

 

01

 

先代、そのまた先の代の店主が店を切り盛りしていた頃は、お腹をすかせた職人さんたちが1人前のおそばで足りない場合に2人前を頼むなど、下町の江戸っ子よろしく「そば」や「うどん」を好んで食べにくるお客さんで繁盛していた。

 

 

おそば屋さんでも定食メニューを

お客さんも職人さんたちからサラリーマンの方へと変わっていき、およそ15年前、「定食メニュー」が登場した。

 

02

※三元豚のとんかつセット 900円(税込)

 

 

そば屋で定食メニュー。

 

メインメニューに、ホカホカのご飯にお味噌汁と漬物。

今の三船屋では珍しくない定食メニュー。

 

特に、お店の看板メニューとなった「ソースかつ丼」を先代はとても気に入って食べていたそうだ。

 

 

 

ソースの話

 

お店の主力メニュー「三元豚」を使ったカツ。

味の決め手とあるソースは、斎藤さんのオリジナルブレンド。

 

03

 

5種類のソースを独自の分量で配合する事で、味をふくらませている。

ソースかつ丼、定食で使用されている共通のソースだ。

 

しかし、ある時、「ソースかつ丼のソース抜き」という注文を受けた。

 

話を聞くと「ソースが苦手」だが「カツは食べたい」のだという。

そこで斎藤さんはヒレカツとご飯を別々に出したところ、お客さんがとても喜んでくれて、今では週2~3回は食べに来てくれる常連さんになったという。

それ以来、三船屋に一品料理として「ヒレカツ(3枚) 450円(税込)」が加わった。

 

 

 

お客様には食事を楽しんでほしい

 

「天公本知我」

天公もと我を知れり

天なる主宰者は、私の誠を知っているという意味。

 

04

 

書道の師範代だという、斎藤さんの妻・照恵さん。

お客様には店の食事の作法を押し付けるのではなく、ゆっくり美味しく食べていってほしいと優しく話す。

 

お店に掲げられた書の意味を、そのまま誠実に貫いているからこその確かな味と心が「食事・そば処 三船屋」には息づいている。

 

 

 

このお店の詳しい情報は、下の記事をご覧ください!

「このおそば屋さん、第二の食卓にしちゃいましょ」

もう少し下までスクロール!

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/