LUFFの商品説明のタグが正直すぎる件

 

こちらは、清澄白河のフラワー&プランツショップLUFFさん。

珍しいものが多く、「今」の空気をまとったお花屋さん。

 

img_5304-600x400

 

img_5294-600x400

 

 

お値段・名前・育て方の注意とか、品種についての特徴などが書かれているこのタグみたいなやつ。

こちらのタグが時々、ちょっと正直すぎなんです。(^^)

 

img_5259-600x400

 

 

 

例えばですね。大きな葉っぱのこのコ
「フィカス アルテシマ(班入り)」という植物らしいですが(※松ぼっくりは飾りです)

 

img_5248-400x600

 

 

タグには「書くのが面倒ですが、本名はフィカス・アルテシマ・ウィルディマニアーナです」と。

 

img_5299-465x600

 

 

・・・何も面倒とか書かなくても・・・(^^;)

でも、確かに「フィカス・アルテシマ・ウィルディマニアーナ」と、何度も書くことがあったら、「あぁ!めんどっ!」

と思うでしょうね。いつもお疲れ様です。

 

 

少し小さめの「フィカスアルテシマ(班入り)」には

 

img_5264-358x600

 

 

「僕はあんまり班入りは好きではありません」

とぶった切り!す、好きじゃないんだ。へぇ・・・。

 

img_5265-463x600

 

 

わたしの身長をゆうに超える大物

「フィカス・フィリピネンシス」には・・・

img_5250-404x600

 

 

img_5252-600x400

 

「育てたことがない植物なのでよくわかりませんが、たぶん大丈夫です」

わかんないとか言っちゃってるよΣ(゚Д゚)
たぶん大丈夫って、大丈夫?

 

 

ヤシの葉のドライ。カッコいいけどどんな風に使うといいのかしらん?

 

img_5274-600x413

 

img_5275-600x440

 

 

用途不明。そ、そうですか。なんで入荷したの?ねぇ?

 

 

 

img_5291-458x600

 

 

「ホワイトゴースト」というシャビーなサボテンには

 

img_5292-600x393

 

「昔憧れた植物、今はそれほど興味がない」だって!

「ホワイトゴースト」さん、まるで昔の彼女みたいな扱い(^^;)

 

 

こういうこと書くのはオーナーの上村拓さん。
おそらく思うまま書いているのでしょうが

美辞麗句だけを並べ立てるより信頼感があります。

育てづらい植物には「それは難しいです」とちゃんと言ってくれそうじゃないですか。

 

 

「アグラオネマヴィクトリー」というこちらの木は

映画、レオンで少女が持っていた種類のものらしい。

 

img_5285-387x600

 

 

img_5286-431x600

 

 

「映画では、最後に地面に植えていましたが、きっと寒くて冬には枯れます」

みなさん、「アグラオネマヴィクトリー」はどうぞ室内でお楽しみください。

 

 

育てやすいコいないかしら?とタグを見ていたら。

「ドラセナ・ナビー」とても丈夫なコだそうで

「コレを枯らしたらヤバイです」

・・・と書かれてました。ドラセナ・ナビーを枯らしたことある人!反省しよう!!

 

img_5297-600x400

 

 

もちろん普通のことも書いてあるのですが、こんな風にクスっと笑えるものもちょこちょこあって。
植物を見がてら、ぜひこちらのタグもチェックしてみて下さい。
上村さんと会話しているような気分になってきますよ。

 

 

 

植物標本(Herbarium)や、アレンジも相変わらず人気!

 

img_5247-600x385

 

 

img_9816-600x400

 

ステキですよね♪

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

There's something about 『LUFF』

フラワーショップ「LUFF」さんが、清澄白河の歴史ある長屋「清澄長屋」にオープンしたのは、2015年9月のこと。

 

 

IMG_7544 (600x453)

 

 

 

今や、特に休日ともなれば、ひっしきりなしに人が訪れる人気のお花屋さんになっております。

 

IMG_7520 (600x400)

 

 

店内は、さながら小さな植物園のよう。ここで呼吸するだけで癒されます。

IMG_5648 (600x400)

 

IMG_7525 (400x600)

 

 

 

 

ちょっと珍しいお花や植物、個性的でカッコいい花器なども。こういうものをお部屋に飾る生活、してみたい。(*^^)

 

IMG_5690 (600x400)

 

 

 

大きな鉢物も多く、オフィスやお店にも重宝しそうです。

 

IMG_5694 (600x400)

 

 

 

そして、おさえておきたいのがこちら、「Herbarium」という植物の標本。
長期間鑑賞できるもので、ふたつとして同じものがないから
贈り物には最適なんじゃないかなー。(私も一個買っちゃった( *´艸`))

TALL type 1,800円

IMG_5682 (600x400)

 

 

実際に見ながら
「うーん、コッチ?いや、、、コッチのほうが・・・」と悩むのがまた楽しいです。

取材時は、こちらの THICK type (2,700円)のほうは品切れ中。

IMG_5684 (600x400)

 

とっても人気らしいです!

 

 

「LUFF」にある「何か」

 

こちらでは、店主の上村拓さんと、ベッピンさんの奥さまの真里恵さん、2人のフローリストが仲良く切り盛りしております。

 

IMG_5637 (600x400)

 

植栽やアレンジメントの腕前ももちろん素晴らしいのですが、上村さんの口から出る言葉が、出会ったころから一貫して「何か面白いことをしたい」ということが、私個人としてはカッコいいところだと思っております。

何か面白いこと、ステキなこと、意味のあること・・・
自分たちならではの「何か」

 

 

これまでも、ワークショップなどのイベントも積極的に行ってきた「LUFF」さん(それもまた好評だったそう)ですが、今後も彼ららしい「何か」をやってくれるんじゃないかと、目が離せません。

 

「LUFF」には、センスいい植物とお花と・・・

「何か素敵なこと」をたくらんでいる店主夫妻がいます。

そして、わたしは、それこそが「LUFF」さんの最も大きな魅力だと思うんですよね。

DSCF5223 (379x600)

 

※There’s something about~
直訳すると「~には何かがある」 実際の意味は「~に首ったけ」。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/