ゆるゆると刺激的。清澄白河のアートラボ

レトロな佇まいに、思わずうっとり見上げてしまう、清澄白河の「清洲寮」。

昭和8年に建てられた、この集合住宅の2階にある

 

 

 

art lab Melt Meri

 

清洲寮ならではのレトロな空間を生かしたギャラリー、

いや、「アートラボ」であり「アートサロン」です。

 

 

 

こちら、館主の「あくび」さん。

 

 

そもそも、「アートサロン」「アートラボ」って、なんですか?

 

アートがあって、人が集って談笑し、お酒を酌み交わしたり、情報交換をしたり。

イメージは、ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルの「factory」!

 

 

現在、フォトグラファーでもあるあくびさんの個展が開催中!

ということで、行ってみました!

味わい深い木の引き戸を、カラカラ……

 

 

 

あくび個展 acubi.xxx Exhibition – aWa –

 

 

漆喰の壁に、赤がきれい…

「生と性と性(さが)」をテーマにした作品群は、とってもセクシー。

 

 

今回の個展は、アート、モード、カルチャーを発信するビジュアル誌「FIERCIVE」の発売に合わせて企画。10Pにわたり掲載されるあくび作品を、Melt Meriという空間で表現しています。

 

 

作品「aka」。

見開きでどどーん。

 

 

これを、Melt Meriに展示したら…?

空間まるごと表現するのが、あくびさんのこだわり。

 

赤い写真と

薄衣の向こうは

モノトーンの世界。

 

 

なんとも密やか。

壁の段差や、垂れ壁のラインが、また美しい……。

 

 

ここには、いろいろな人が集います。作家、写真家、身体表現をする人、建築家。さらには、ご近所さんや、通りがかりの外国人観光客まで。

 

そのつながりは、自由でゆるやか。

 

 

「ラボ」なので、実験の場でもあるんです、とあくびさん。

 

「Melt Meriだからできる表現」を提案できる作家の企画を展開していくそう。

 

 

実は、今回の個展も3か所で同時開催中。

清洲寮の1階での「iRo」、そして 森下のサトウ画材さんでの「物言う耳」。

「すべてを巡ると、さらに面白いです」とあくびさん。

 

この後、ことみせスタッフも行ってきましたよ。

アートの世界にとっぷり浸かり、大満足でした。

 

 

あくび個展 acubi.xxx Exhibition – aWa –

会場:art lab Melt Meri

2017.12.16(土)〜12.26(火)

13:00~19:00(最終日17:00まで)

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/