豊洲エリアに本格北インド料理店がニューオープン!

豊洲在住の方に朗報です!

 

豊洲にありそうでなかった本格インド料理店が、豊洲駅から徒歩12分ほどの場所にオープンしました。その名も

 

UOMASALA(ウオマサラ)

豊洲駅から運河方面に進み、枝川一丁目を右折、さらに進んで路地を入ったところに佇む、隠れ家的なロケーションのアットホームなお店です。本格インド料理がリーズナブルに楽しめると、インド料理好きの間でじわじわと人気上昇中。

 

 

腕をふるうのは、ニューデリーの名店で研鑽を積んだThapaシェフ(写真左)とPardipシェフ(写真右)。来日後は、日本におけるインド料理店の草分け的存在ともなっている「アーンドラキッチン」で活躍した実力派です。そしてホールを担当するのは、インド料理に携わって15年の谷村美紀さん。

 

 

 

「ニューデリーの味をそのまま再現した、オーセンティックな北インドの味です」という料理は、スターアニスやクミン、シナモンやチリ、ベイリーフなど使用するスパイスも風味の強いインド産にこだわり、妥協のない本物の味を提供しています。

 

 

 

毎朝スパイスを挽いて、飴色の玉ネギと合わせ、ショウガやニンニクとともにさらにじっくり炒めて香りを引き出して…。そうして出来上がるベースのグレイビーソースにさらに様々な素材を投入し、マサラカレーやキーマカレー、マトンカレーなど多彩な味のバリエーションを生み出します。

 

一番人気のバターチキンは、グレイビーソースにカシューナッツやトマトペースト、クミン、バターなどを加えたリッチでクリーミーな味わい。

 

 

 

キーマカレーは、ほどよくスパイシーで香り高い大人の味。

 

 

そのほか、ホタテカレーなどの日替わりを合わせて常時17種のカレーがラインナップしています。最新情報はTwitterをチェックしてみてくださいね。

 

そして、そのおいしさを引き立てるのが焼き立てのナン

 

 

毎日生地をこね、注文を聞いてから専用のタンドールで一気に焼き上げます。

 

△毎日仕込む生地は数十キロ!しっかりこねて寝かせることでもっちりとした食感に

 

△1枚分の生地を丸めて、さらに熟成。注文を聞いてから成型します

 

△しっかりこねて熟成させた生地はのびがよく滑らかです

 

△タンドール窯に張り付けて約1分で焼きあがります

 

約400℃のタンドールの内側に生地を張り付けるとあっという間にぷっくりと膨れ上がって芳しい香りが漂ってきます。表面はこんがり、中はしっとりもっちりの絶妙のおいしさは、この高温のタンドール窯のなせる技。

 

カウンター席からは焼ける様子がライブ感覚で楽しめますよ♪

 

こちら、一番人気のチーズナン。熱々をちぎれば、生地に練り込んだチーズがとろ~り。ミルクや卵も入ったリッチな味わいのナンは、それだけでも主役級のおいしさ。手が止まらなくなること請け合いです!!

 

△焼き上げると中のチーズが表面から溢れます

 

△生地に織り込んだチーズがとろ~り

 

もちろんカレー&ナンだけじゃなくて、代表的な北インド料理も充実しています。

 

こちらは鶏もも肉をスパイスでマリネしてタンドールで焼き上げた「チキンティッカ」。ほどよくスパイシーで奥行きのある味わいは、ビールのお供にぴったり。

 

 

△骨なしなので、タンドリーチキンよりも食べやすいのも魅力です。4つで600円

 

一緒に取材に伺ったイギリス人ライター、スティーブンさん曰く「イギリスでは最近フィッシュ&チップスよりもチキンティッカのほうが人気なんだよ」とのこと。そして「ここのインド料理は本当においしい!」と大絶賛。

 

 

インド料理がポピュラーな、イギリス出身のスティーブンさんお墨付きの本格派の味がリーズナブルに楽しめるこちら、ランチセットは850円~。ナン&ライス食べ放題です!

 

 

甘口のバターチキンやマンゴーラッシー、ナンがセットになった「キッズセット(600円)」もあるので、お子様連れのママランチにもおすすめ。

 

ランチドリンクはマンゴーラッシーなど本場のドリンクも200円になってお得です♪

 

夜のセットメニューも1,300円と良心価格。

 

 

さらに!飲み放題付パーティコースはなんと1,980円~。

 

 

これからのホリデーシーズン、女子会やクリスマス会、忘新年会…etc、色々なシーンで使えそうです。

 

ウーバーイーツでデリバリーも受け付けているので、オフィスワーカーのランチやホームパーティにもぴったり。駅から少し歩きますが、わざわざ足を運ぶ価値ありの本場の味。エスニック料理好きならずともぜひ。

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/