もっと身近にお着物を!~習うもよし、着てみるもよし~

清澄白河で着物のワークショップ始まる

 

 

 

呉服と和小物を扱うお店「ぎゃらりー・ひまわり」さん。

実は最近、着付けだけをお願いしにくるお客様が多いそう。

たしかに花火大会で浴衣を着ている女性ってすごく増えていますよね。

着てみたいけれど、もう若くないし、着崩れているのは恥ずかしい…

そんなお客様が増えているんだとか。

お着物や浴衣を素敵に着こなせるエレガントな女性になりたい!という声にお応えして、

月2回のワークショップが始まります。

 

 

今日は店主の渡辺さんに、

企画中のワークショップの内容を先取りで教えてもらいました!

第1回は10月21日(土)13~16時に予定されています。

テーマは半衿の付け方。

きれいに付けようとしても首の後ろにしわができたりして、

これが意外と難しいんだそうです。

 

さらに、現在企画中のテーマは「半襦袢の自作」!

襦袢を洗うとき、半衿を取り換えるのが結構大変ということで、

袖を取り外して丸洗いのできるタイプのものが売られているのですが、

今回はその取り外し可能な袖を絹で自作してしまおう!という試みです。

既製品は化繊がほとんど。ひそかに自慢できる作品になること間違いなし。

 

「自分でつくると愛着も湧きますよね」と嬉しそうに語ってくれる渡辺さん。

針を持って繕うという機会がすっかり減ってしまった今、

とても貴重な体験ができそうな予感です。

 

 

 

 

今日は何を着ようかな?~清澄白河で気軽に着物レンタル~

 

「ぎゃらりー・ひまわり」さんでは、着物のレンタルも好評です!

そうは言われても、

着物ってちょっと敷居が高い、何を着たらいいかわからない、

と思ってしまう方も結構いるのではないでしょうか。

 

そんなときこそ、店主の渡辺さんに頼っちゃいましょう。

「銀座でランチとお買い物」から「あらたまった婚礼」まで、

あなたの行く場所やシチュエーションにぴったりのお着物を選んで着付けてくれます。

洗える着物であれば着付け込みで7000円ぐらい~、浴衣は5000円ぐらい~とのこと。(詳細はお問い合わせください)

足袋と下着以外の小物もセットでレンタル可能です。

 

 

たくさんある中から選ぶのって、ひとりだと案外大変かもしれません…

 

 

こちらはきらびやかな柄の帯。赤い着物によく映えます。

 

 

 

同じ赤い着物ですが、帯を変えるだけで随分印象が違うので驚き。

 

 

 

中にはこんなに可愛らしいデザインの帯も。猫好きにはたまりません。

こんな帯をしてお出かけしたら話題になること間違いなし!

ちょっとした遊び心がまたお洒落ですね。

 

 

 

渡辺さん自身、お客様に合ったものを考えているときはとても楽しんでいるそう。

「もう歳だからこんな派手なの大丈夫?」なんてお客様もいらっしゃるけれど、

レンタルだからこそ、冒険をして新しい自分を発見してほしい!とのこと。

 

実はこの着物レンタル、深川江戸資料館でも体験できます。

こちらは着物で江戸の街並みを再現した館内を楽しんでいただく企画。

毎月第一土曜日に行っています。

外国人のお客様にも大好評だそうです。

 

 

そのほか、和服をリメイクした小物や洋服なども扱っています。

以前アメリカから来たお客様がリメイクアロハを買われて、

なんとそれから2年後にそのアロハを着てまたご来店してくれた、なんてことも!

とっても嬉しそうに語ってくださるので、私もなんだか幸せな気持ちになりました。

 

 

みんなに着物を着ていただきたい、着物をもっと身近な存在にしたい…

そんな渡辺さんの素敵な想いが詰まった「ぎゃらりー・ひまわり」。

ちょっと特別な日に着物でお出かけ、ぜひあなたも体験してみませんか。

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/