亀戸喫茶店のダンディな店主とおしゃべり

亀戸の住宅街にあるオアシス

くらもち珈琲

 

メニューを提げるおじさんもナイス。

 

 

扉をあけると……

「どうぞ、どうぞ」と、カウンターに誘われました。

 

 

この日は、写真サークルの作品展が行われていました。

こちら、ギャラリーでもあるんですよね。3週間交代で、しかも無料。

 

 

光が差し込んで気持ちいい。
壁にズラリと展示された写真をしばし堪能。いただくのは

 

 

自家焙煎のくらもちオリジナルブレンド。挽きたて。スッキリとしておいしい。

 

 

店主倉持弘さんは、会社を早期定年退職し、喫茶店を開きました。19年前の創業時からのコンセプトが「下町文化の情報発信基地」。

 

ミニギャラリーは、絵画展、写真展、押し花展と、予定ぎっしり。クラシックの生演奏会には、溢れんばかりの人が集まるそう。

 

 

写真を通して地域と繋がる。情報を発信する。

 

学生時代から写真を撮り続けている倉持さん。一時はプロを志したほど。会社を退職した時、これからは写真を通して地域と繋がりたい、と思ったそうです。

以来、毎年9月に、ご自身の写真展を開催しています。それも今年で19回目。これまでのテーマは

 

「墨東ーエントツの見える街」

 

「戦後70年 大空襲の爪痕」

 

「下町の救世主、スカイツリー誕生!」など。

 

町をさまざまな角度から撮ってきました。

 

深川八幡祭りも、ライフワークとして25年間撮り続けるテーマ。半纏を着てカメラを提げて、朝から走り回ります。

 

 

この日も、撮りたての写真が飾られていました。倉持さんに話を聞いて、筆者も初めて亀戸天神の鷽替神事に行ってきました。これぞ、倉持さんの目指す情報発信。亀戸のPRにも積極的です。

 

 

近所の人だけでなく、遠方からも来店します。有名人も多数? NHK交響楽団のオーボエ奏者と、近所のおばちゃんが普通に会話する。そんな光景も。

 

音楽や写真、アートや亀戸の町情報まで。下町の文化の発信地であり、交流の場でもある、くらもち珈琲さん。

 

9月の写真展、今から楽しみです。

 

 

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/