あなたなら何を額装しますか?

砂町銀座商店街で額縁や絵画を販売、貸しギャラリーの運営もしている はくえん堂 さんへ行ってきました。

 

見るだけはタダですもの。下町の商店街の中でアート鑑賞ができるなんて、絶対にお得♪

 

 

有名な作家さんの作品はもちろん、オーナーが旅先で買ったかわいらしいお人形も、額装して立派なアート作品として飾られていました。

 

 

どんなものでも額装できるのは専門店ならでは。

 

愛用していたテニスラケットやユニフォームだって、アート作品になっちゃいます!

 

 

この日、注文していた作品が出来上がったということで、お客様がご来店。

 

 

お客様の許可を得て見せていただいた完成品は、翁の能面。プロのセンスと技術で、依頼主のお友達の作品だという能面が、より魅力的になりました。

 

(オーナーの平井さん)

 

 

店内をさらに見渡すと・・

 

額縁を使った鏡も取り扱っています。

 

 

インテリアに合わせた額縁を選んで鏡にするのもあり、ですね。

 

 

こちらは、オーナーの息子さんが受章した少林寺拳法の入賞メダル。

 

 

家族愛を感じます・・・

 

家族と言えば、先代が好んで着けていたネクタイを額装にしたそうです。左右にある帯状の枠から見えるのは冠婚葬祭のネクタイ!

 

 

故人を偲ぶ素敵な額装だと思いませんか?

 

カタチだって自由自在です。

 

 

何か、家にあるものを額装したくて、なんだかウズウズしてきました。

 

捨てられずにしまってあるわが子のベビー服とか、おもちゃ、ちっちゃな靴下を額装すれば、心和むインテリアになりそう♪

 

自由な発想で、Let’s fram it!

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/

スナギンで「貸画廊」はじめました!

 

砂町銀座にギャラリー?

スナギンに「画廊」があるの知ってます?

 

IMG_5484 (600x443)

 

「はくえん堂」さんは1965年に文房具屋として始まり、1989年頃に額縁・絵画の販売に移行、

 

そして2015年に、額縁屋としての営業はそのままに、店舗の一部を改装して貸画廊・・・
最近の言い方で言うと、「貸しギャラリー」になったのです。

 

メリットいっぱい!

見て!充分な広さですよー。グループ展でも個人展でもワークショップを行うにしても
ある程度の広さは必要!床面積約26㎡あります。

 

IMG_5482 (600x388)

 

反対側の壁もこんなに飾れます!

 

IMG_5481 (600x405)

 

 

額縁の有料レンタルも!

はじめて展示会を開く人が陥りがちなミス。
それは、額装のことを考えていなかったということ。

意外と高いし、サイズにピッタリ合うものを探すと時間がかかる場合も・・・

でも大丈夫!

 

こちらが額縁屋さんですから、額縁のレンタル(有料)もできるんです。
(※種類や数量は限定されます。)

IMG_5490 (600x400)

 

 

 

 

てぬぐいを飾るサイズの額まであるんですね!
(これ、いいなーお気に入りのてぬぐい飾りたい♡)

 

IMG_5525 (400x600)

 

 

そうそう、忘れてた!
一番大事なのは、人通りが多い場所ってこと。

どんな展示もイベントも、人が来なきゃはじまらない。

 

あ、そうだ!ここはスナギンだった!

賑わっている商店街のひとつとして日本中にその名をはせる、砂町銀座商店街こと「スナギン」でしたよ!

平日でも15,000人の人が訪れるという、「下町の台所」「横のデパート」スナギンです!!

 

 

ここを改装し貸画廊に変えたのは、3代目店主 平井一成さん。

 

IMG_5492 (454x600)

 

 

額縁や絵画販売の店を作った初代(平井さんのおじいさん)の
お店を続けてゆきたいと、若い感性でチャレンジをしているのです!

 

IMG_5514 (600x444)

 

借りる際のお値段は、平日が1時間2,000円(学生さんは1,650円)が基本。
休日、1日、1週間と値段が異なるので、詳細・条件などは「はくえん堂さん」にお問合せを!

 

最短で2時間から借りることもできたりなど
はじめて何かを発表する、自分の活動の第一歩を踏み出す人に優しいシステム。

 

「新しいスナギンのアートの発信基地」として要注目です!

 

IMG_5483 (371x500)

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせのみせ ↓

https://kotomise.jp/articles/