夏のまからんやさんには祭り用品とブドウがいっぱい!

やってきました!スナギンのまからんや洋品店

 

外でお客さん相手に商品の説明をするのは、店主の関野一(はじめ)さん。

 

 

いつもながら、店主の顔が見える商店街の光景です。

 

ふと見上げると、緑の葉が茂っています!す、すごい!

 

 

なんと、これ自然に生育したぶどうなんですって!

 

 

まだ硬くて食べられないけれど、時期が来たら収穫して食べたり、焼酎に入れて果実酒にしたり(鳥に食べられたりも)するんだとか。

 

 

「種を撒いたわけでもないし、手入れとか、特に何もしていないんだけど、毎年実がなるんだよね~」と関野さん。

 

 

そんなまからんやさんで、ブドウの他にも夏に目を引くのが、祭り用品。

 

 

実は、一年中、販売しているんですが・・

 

 

この時期はど~んと大量に販売!!店の奥にもたくさんあります。

 

 

 

 

赤ちゃん用から超ビッグサイズの大人用までサイズも豊富。

 

人気のエアークッション入りの足袋もありますよ~!

 

 

「ちょっと高いんだけどね」という、見た目おしゃれなエアークッション入り足袋もありました!

 

 

今年も祭りの季節!まからんやさんには定番の祭り用品がいっぱいでした!

 

 

この夏限定、サラッとして着心地良い

超吸汗発散ニット素材シャツ

こちらも超特価でサイズ豊富に販売中です!

 

 

 

※本文中の情報は2017年7月時点のものです。

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/

だから、個人商店は面白いのだ

砂町銀座商店街で最古参の洋品店

 

砂町銀座商店街が「商店街」になる前からここで商売を始めて60年以上、という老舗洋品店。「まからんや」というユニークな店名、なにやら由来がありそうな・・・

 

お祖父さんが創業したという「まからんや洋品店」で、お父さんと店を切り盛りしている関野一(はじめ)さんにお話しを聞いてみました!

 

DSCF7920 (600x400)

 

「店名には、二つの意味があるらしいんだよね」と関野さん。

 

商売は戦いだから一戦も負けられない!→まけられない → まけられん → まからんや

 

っていうのと・・・

 

これ以上は安くできないくらいほどサービスして販売しているから、もう一銭もまけられない!(以下、同上)

 

「お祖父さんが生きてるうちに、もっといろいろ聞いておけば良かったよ」と関野さん。

商店街の歴史、洋品店の歴史、お祖父さんの話、ワタシも聞きたかった・・

 

 

 

「他になくてもここにある」という安心感

 

「衣料品を置けば売れた」という昭和20年代から時を経て、洋品店事情も変わり、今は近隣の小中学校が指定する体操服や制服、上履きなど学校用品の販売がメーンに。

 

DSCF7916 (600x396)

 

スクール水着も通年販売(サイズによっては取寄せ)しています!

 

DSCF7924 (600x400)

 

「温水プールに行くとか、夏以外の季節に困るお客さんがたまにいてね。うちには一年中スクール水着が置いてあるから、けっこう喜ばれるんだよね」と関野さん。

 

小学校で最近使わなくなった紅白のハチマキ。時々、運動会で使いたいという企業や団体があるので、置くようにしているんだそうです。

 

その他、シーズンオフでも置いてあるのが、お祭り用品。

 

DSCF7956 (600x391)

 

ダボシャツ、鯉口シャツ、半股引(はんだこ)、ゴムズボン、股引(ももひき)、足袋、これらも一年中、置いている定番商品だそうですよ!

 

 

 

安さの秘訣は、店主の人脈あればこそ

 

まからんやさんの人気商品が傘。

 

DSCF7951 (600x400)

 

「どれも、他より200円くらいは安いんじゃないかなぁ」と、関野さん。

 

DSCF7952 (600x400)

 

安さの理由は、「傘の問屋をやっている先輩がいて、安く仕入れができるんだよ」とのこと。

 

DSCF7953 (600x400)

 

ちなみに、関野さんイチオシの、強風でオチョコになっても簡単に戻り、壊れずらい傘「さかさかさ」です。(子ども用・大人用あり)

 

DSCF7930 (600x400)

 

他にも関野さんならではの、人脈を活かした仕入れでめちゃめちゃ安いのが、スカーフやマフラー類。

箱の中のスカーフは、150円!ほとんど一点もの、「カワイイのは売れちゃったけど、また違うのが入ってくるよ」だそうです。ここに行ったらのぞいてみましょ。

 

DSCF7926 (400x600)

 

↓ このカシミアのマフラーは、ちょっと丈が短めという理由で、500円。

 

DSCF7933 (600x400)

 

 

 

 

戦後、モノのない時代に商売を始め、その後、商店街に貢献し発展させてきた、たくましい先駆者のひとりである、関野さんのお祖父さん。

 

その子孫へと店は世代交代するも、初代の心意気と人脈を引き継いでいる「まからんや」さん。

 

万人が必要としないかもしれないけれど、必要な人にはありがたい存在の個人商店は、大型店にはない魅力があるんだなぁ。

 

 

 

「売りものにはしないけど、欲しいものがなければ作るよ」と、自作の釣り用リュックに大満足の関野さん。工作や手芸がお好きなんだとか。

 

DSCF7942 (600x400)

 

ワハハと笑いながらいろんな会話も楽しめちゃう、これだから個人商店は面白いのだ♪

 

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/