上質な馬刺しや魚介も楽しめる! 東陽町で人気の焼き鳥酒場

東陽町駅の1番出口から四つ目通りを北へ2分、ビルの2階にある「やきとり はな 東陽町店」。本格的な炭火焼き鳥が楽しめるお店です。

 

 

にぎやかな外観とは一転、店内は木目と白を基調に落ち着いた雰囲気。奥のオープンキッチン近くにはカウンター席も。

 

 

焼き鳥屋さんというよりカジュアルダイニングのような店作りは、女子会にもぴったり。でも、子連れファミリーには敷居が高そう?

 

そんなことはありません。

 

お子さん連れも大歓迎!

「僕が子ども好きなんです。焼き鳥屋に子連れはと遠慮される方も多いですが、小さなお子様連れのお客様にも気兼ねなく過ごしていただける店にしたくて」と、店長の篠宮忠士さん。

 

△準備中の篠宮店長

 

店内には、小さいお子さんが遊べるおもちゃもありました。

 

 

 

レバーが苦手な子どもにも人気の“きも焼き”

このお店の人気の串焼きは、レバーが苦手な子どもでもおかわりするほどおいしくて、1本100円というお値段もうれしい きも(とろけるレバー)。レアなのにトロリとして甘辛く、ふんわりとした食感が楽しめます。

 

 

さらに、このお店で特筆すべきは、オープンキッチン近くのカウンター席にいても強力な排気設備のおかげで “焼き” のにおいが洋服や髪につかないこと。特に女性のお客様から高評価。

 

 

鮮度抜群の魚介や馬刺し、ご飯物も

「やきとり はな 東陽町店」は串物から一品料理、海の幸、ご飯物まで、とにかく豊富なメニューが揃います。

 

汁物までありますから、食事処として立ち寄るお客様も多いそうです。豊洲市場から仕入れるまぐろやウニをはじめとした魚の幸も魅力です。

 

 

こちらは人気No.1を誇る馬さし、880円。

 

 

きれいにサシが入った桜肉は、フランスの3ツ星レストランでも提供されているものだそう。くさみも全くなくて、柔らかく、旨味がギュッと詰まっていました。

 

串物は当然、ホイル焼も、備長炭の高温で一気に焼き上げるのが旨さのヒミツ。

ホイルに包まれたアスパライス780円、絶品でした!

 

 

ごはんにアスパラと豚バラ肉、そして風味付けにバター醤油をのせてホイルに包んで焼いたもの。炊き込みごはんのような風味とおコゲの香ばしさが相まって、ぺろりと完食しました!

 

オフィス街と住宅街が共存するエリアにマッチした店作りで、“サクッと飲み” から “しっかりごはん” まで、仕事帰りの人もファミリーも、楽しい時間が過ごせることまちがいなしですよ。

 

 

忘れちゃいけない、アルコールたち

仕事帰りのお客様が多いこのお店では、やっぱり生ビールが主役。ザ・モルツの中ジョッキ450円、レッドアイ550円が人気だとか。仕事終わりの一杯、たまりませんよね!

 

そして、焼酎と炭酸を絶妙なバランスでブレンドしたサワー類 280円〜も人気。特におすすめは、紀州大玉紅梅漬けがのった梅サワー480円。

 

 

 

本格的な炭火焼き鳥をお家でも!

現在、人気の焼き鳥やごはんメニューを中心にテイクアウトができます。ご家族へのおみやげにも喜ばれそうです。また、徒歩10分圏内なら配達もOK。詳しくはお店にお問い合わせください。

 

 

 

※本文中の情報は2020年6月時点のもので、表示価格はすべて税別です。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/