清澄白河のアート空間★ギャラリーコピスがお引越ししてリニューアル

素敵なアート作品、揃ってます♪

 

清澄白河のアートの森「ギャラリーコピス」が、2019年

6月1日に少ーし場所を変えて新しく生まれ変わりました^^

 

 

新しいギャラリーは以前のアトリエに比べ天井も高くなり、作品を展示する壁面積も増えたそうです。「ギャラリー全体に落ち着いた雰囲気があり、壁も広いので作品も見やすくなった!」と作家さんからも好評♪

 

 

「秋のアーツ&クラフト」

手作り小物の作品展

 

9月23日~28日に開催した企画展では、クリエイティブな手作り小物がずらり。アクセサリーや服飾雑貨、染め物、お花など、コピスならではの手作り作品が展示販されていました。

 

↓こちらは「韓紙アクセサリー」。椿を主たる原料とした韓紙は色も多彩で和紙の様な風合いで可愛い!!紙でできているので、ピアスやイヤリングは着けているのを忘れてしまうくらい軽いです。

 

 

木彫りの小物入れのように見えますよね?

 

これも韓紙でできているんですよ!!紙で作られているとは思えないほど固さもしっかりしていて、細部の装飾にほれぼれします。

 

 

ちょっとお洒落して出かける時に着けたいビーズアクセサリーの数々。

 

 

家の壁に飾りたい!フラワーアレンジメントのリースも素敵です。

 

 

青森の作家さんの「津軽裂き織り小物」。江戸時代から織り継がれてきた手芸法を、ヘアゴムやポストカードなどの身近なものにアレンジメントしています^^

 

 

全国津々浦々、さまざまな作家さんの作品が一同に集い、まるでハンドメイドマルシェの様な気軽さで作品をお家に持って帰れるのがコピス流。

 

「ギャラリー」というと、静かで、じっくり作品を見て回る場所というイメージでしたが、コピスにはみどりさんとお客さんの笑い声や笑顔が溢れ、とても居心地のいい場所でした^^

 

 

毎月さまざまな展覧会を行っています。

・西村伊作顕彰企画「熊野を描こう作品展」

小中学生による「熊野をテーマ」にした作品と西村伊作の残した作品資料の展示。
2019年10月20日(日)~10月26日(土)

「遊牧民の手織物」 トルコのキリムと絨毯のコレクション

トルコ・アナトリア高原から中央アジアに住んでいるチュルク族や遊牧民たちが織る織物
2019年10月27日(日)~11月2日(土)

その他のスケジュールはこちらから

 

 

15時のお茶タイムや夕方には、作家さんや地元の人が集まり、おしゃべり会も始まることもあるそうです。清澄白河をお散歩がてら、アートを気軽に楽しみにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

※本文中の情報は2019年10月時点のものです。

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/