この店のクリスマスハウスがスゴイ!

砂町銀座のクリスマスハウスがスゴイ!

 

 

砂町銀座商店街にある「モカドール洋菓子店」。

 

DSCF8782 (500x333)

 

 

小さなパーツから全てお菓子でできたクリスマスハウスが、毎年11月半ば過ぎに店に並ぶ・・ということで行ってきました。

 

 

す、すごい!!!

 

 

DSCF8783 (600x400)

 

 

か、かわいい!!!

 

 

DSCF8781 (500x331)

 

 

DSCF8816 (500x361)

 

 

何がスゴイって、これらをパーツから全て、手仕事で作ったってこと。

 

作ったのはドイツ菓子職人で、画家でもある、店主の三好勇さん。

(写真、やだよ~とのことなので、あえてブレたのを・・)

 

 

DSCF8802 (500x333)

 

 

細部まで、ちゃんと可愛らしくて美味しそうで・・

 

 

DSCF8819 (500x361)

 

 

毎年作っているけれど、絵を勉強し始めてから作品が変わったという三好さん。

年々、手の込んだものになっているそうです。

裏側だって手抜きなし。

 

 

DSCF8810 (500x326)

 

 

発送もしてくれるそうですが、毎年、わざわざ遠方から買いに訪れる人もいるという、このお店の名物お菓子。

 

去年はクリスマス前(12月17日)に、予約分は完売してしまったんだとか。

 

ちなみに、通常のクリスマスケーキも販売するそうです。

 

こちらも三好さんの作品らしい、アートを感じるケーキになりそう・・・

 

他にも、「ゲベック」というバターを使ったナッツベースのドイツ菓子(クッキー)や・・・

 

 

DSCF8779 (500x333)

 

 

ドイツではクリスマスの定番菓子、シュトレン。

 

 

DSCF8804 (500x325)

 

 

誰かにプレゼントしたり、クリスマスまで飾ってから食べたいお菓子がたくさん!

 

 

DSCF8795 (500x333)

 

 

DSCF8790 (500x333)

 

 

DSCF8794 (500x333)

 

 

どれもホントにかわいくて、「三好さんのお菓子は見ても食べても幸せな気分になりますね」って言ったら、「それが菓子職人の仕事だよ」って三好さん。

 

『回光返照(回向返照)』(えこうへんしょう)という禅の言葉を教えてくれました。

 

奥深い意味ある言葉なのですが、ざっくりいうと「自分自信と向き合う」という感じでしょうか。三好さんいわく、「人のマネはしないってこと」だそうです。

 

「画家も菓子職人もオリジナルのものを作っていかないとね」と、三好さん。

 

 

 

画家として展覧会に出展した絵画も必見です!

 

 

DSCF8800 (500x333)

 

 

 

 

このお店の他にもクーポンが使えることみせ登録店の情報はコチラ
ことみせの店 ↓

https://kotomise.jp/articles/